シンガポールでAirbnb(エアビー)に初宿泊してみたリアル体験談

スポンサーリンク

 

今回9月にシンガポールに宿泊した際に、現地で土日の連休を挟んでしまい、ちょっと前からホテル宿泊サイトで探していても手頃なホテルが見つかりませんでした。(シンガポールのホテルはとても高いです)

 

連休だと1泊5,000円以下の安宿はだいたい全部埋まってるか、空いててもバックパッカーが泊まるようなドミトリーやホステルやロッジ、カプセルホテルになるか。(寝ている間の歯ぎしりが酷いので、周りに与える影響を考えると隣人との間に戸のない宿は泊まれない)

 

そして部屋が空いているのは大体が1泊1万円近く掛かる、あるいはそれ以上の価格帯のホテルばかり。。

 

ということで、海外なのにも関わらず、3日間適当なホテルもなく現地で野宿する以外方法がない。(割とヤバめ)

 

旅行出発2日前にして、にっちもさっちも行かなくなったところで、今まで泊まったことのないAirbnb(通称:エアビー)というものを今回シンガポールの宿泊で利用してみました。

 

 シンガポールでAirbnb(エアビー)に初宿泊してみたリアル体験談

エアビー宿泊部屋にある窓からの景色

 

海外エアビーは人によって向き不向きがある

 シンガポールでAirbnb(エアビー)に初宿泊してみたリアル体験談

 

結論から言うと、エアビーは人によって向き不向きがあると思います。

 

エアビーに向いていない人

 シンガポールでAirbnb(エアビー)に初宿泊してみたリアル体験談

※写真はイメージです※

 

性格的に細かい(神経質な)人はもしかすると向いてないかもしれません。

 

※良い意味で細かい(宿泊先ホストやその部屋に対して気遣いができる)のはいいと思います。

 

なぜなら、実際に宿泊するエアビーにもよりますが、エアビーではホスト(泊めてくれる人)と共同で宿泊設備を使うことが多いからです。

 

例えば赤の他人と水回り(洗面所やバスルーム)を共有するのが苦手な人はいませんか?

 

そういった方はきっとエアビーを利用するとつらい思いをするでしょう。

 

エアビーに向いている人

 

性格的に大雑把な(細かいこと気にしない)人はもしかすると向いているかもしれません。

 

※悪い意味で大雑把(宿泊先の借り物を元の場所に戻さないとか、部屋に自分が出したゴミを放置、散らかしたまま帰るなど)は論外です。

 

エアビーに向いている人、それは自分のことは大雑把でも構わなくて、周りのこと(宿泊先ホストやその部屋)に対しては細かく考えられる人です。

 

海外エアビー長期宿泊先は特によく考えて選ぼう

 シンガポールでAirbnb(エアビー)に初宿泊してみたリアル体験談

 

海外エアビーに長期宿泊する場合は自分の旅路に合わせてしっかりシュミレーション、熟考することが大切です。

 

長期宿泊するということは「宿泊先でのメリットもデメリットもその日数分だけ続く」ということですね。

 

ぶっちゃけメリットはいくらでも続いてもらって構いませんが、デメリットはできるだけ短くお願いしたいものです。

 

短期の宿泊であれば、人間まだ我慢できることもあるでしょうが、長期間となると日に日にホテルとの違いに愕然し、知らぬ間にストレスも溜まりやすくなります。

 

そこで、実際に私がシンガポールでエアビーで3泊4日宿泊した際に、具体的にどのようなメリット・デメリットが存在し、どのように心身的に影響を受けたのかを参考までにお話しします。

 

宿泊先エアビーでのメリット

 シンガポールでAirbnb(エアビー)に初宿泊してみたリアル体験談

 

・エアビーには1戸建てと記載があったが、実際は閑静な住宅街にある高層マンションの1室(バスルームとトイレは共用)で1泊あたり約4,500円で泊まれた。

 

・当日チェックインの時間は前泊者がいるらしく15時からと指定があったが、荷物(スーツケース)だけでも先に預かって欲しいと交渉すると承諾してもらえた。

 

・宿泊先から徒歩5分のところに24時間営業(ディナーは大体22時ラストオーダー)のフードコートがあった。

 

宿泊先エアビーでのデメリット

 シンガポールでAirbnb(エアビー)に初宿泊してみたリアル体験談

 

・宿泊先ホストがテレビ好きで午前0時まで毎晩リビングに置いてあるテレビが流しっぱなしだった。(絶対寝付きにくい)

 

・宿泊先ホストが家の中で犬を飼っており、良犬で噛んだりはしないが3日間はずっと獣の匂いと一緒だった。

 

・宿泊先のホストが家の中で喫煙する人だった。(帰ってきた時に一瞬通るリビングルームでのみの喫煙)

 

・宿泊先ホストの外食外出が多く、2日間は21時~22時以降の帰宅を余儀なくされた。

 

・宿泊先ホストがどちらかと言えば夜型人間で、朝9時過ぎに外出する時に施錠のために起きてもらう必要があった。

 

・宿泊先エアビーの物件が実は都市部に出るのに1時間半ぐらい掛かる地域で、メトロの改札も無人で自動券売機による切符のチャージが現金ではできない(現地のATMカードのみ対応)など、思ったより交通の便が悪かった。

 

こうやってエアビーのメリット・デメリットをそれぞれ挙げてみると、ぱっと思いつくメリットより、デメリットが出てきやすいw

 

そしてこれらは実際にそのエアビーに泊まってみないと分からないこと、現地に行ってみないと知りえないことの方が多いです。

 

宿泊先のホストがテレビ好きの人で夜遅くまでテレビを見るかなんて分からないし、これを事前にエアビの公式サイトで質問するのは難しいでしょう。

 

また、海外旅行者にとって一番大切なものは時間。時間があればその分もっと遠くまで旅ができ、もっとたくさんの都市を観光できます。

 

そこで重要なのが朝に外出スタートできる時間帯と夜の門限時間です。

 

この二つに対して寛容なホストであれば尚良いですが、ゲスト貸し切りの物件でない以上は泊めてもらうこちら側の配慮が必要になるでしょう。

 

海外エアビー宿泊先選定のコツを説明するよ

 シンガポールでAirbnb(エアビー)に初宿泊してみたリアル体験談

 

実際に上述したメリット・デメリットを受けてみて、海外エアビーを選ぶ際のコツというか選び方を紹介しようと思います。

 

大切なのは宿泊価格だけを見ないで、宿泊先ホストが記載している注意事項をしっかりと読み、考慮に入れましょう。

 

果たして物件はホストと共用なのか、それとも貸し切りの建物なのか。

 

ホストがペット(猫)を飼っているという記載がエアビーのHP上にあれば、自分は猫アレルギーだからおそらく厳しそうだなとか。

 

 シンガポールでAirbnb(エアビー)に初宿泊してみたリアル体験談

 

また、室内での喫煙に許可を出しているホストは本人も喫煙者である可能性は高いので、非喫煙者の自分はもしかしたら耐えられないかもしれないとか。

 

続いて自分の旅路のスケジュールと合わせて自分にとって過ごしやすいステイとなるかどうかも考えてみましょう。

 

例えば、シンガポールではナイトサファリ(夜の動物園観光)が観光地として有名なのですが、このイベントは夜の19時30分ぐらいからしか営業はしていないんですね。

 

つまり自分がナイトサファリに行くとしたらたぶん日が沈んでからのお出かけになってしまうこと、それから終わって帰ってくるのは2~3時間後であったり、また食事を取ったりすることを考えるとエアビーに帰ってくるのは結構夜遅くなりそう。。

 

貸し切りのエアビーでない場合、基本的には宿泊先ホストが施錠管理をしていますし、彼らは旅行者が家に帰ってくるまでずっと起きてないといけません。

 

まだ「何時頃に帰ります」などの連絡をしているならともかく、いつ帰ってくるかも分からないまま出掛けっぱなしだとホストも困っちゃいますよね。

 

あと帰る予定時間の連絡をしていたとしても、その時間が翌日未明だったりすると流石にホストも外国人である以前に1人間なので、自分の旅路スケジュールが実は迷惑に当たるかも。。とホスト側の立場に立って考えることも大切だと思います。

 

このように、宿泊してみるまでは何とかなるだろう!と思っていても実際エアビーに泊まってみるとこう上手くいかないものか…と旅行者の立場で歯がゆく感じることがあります。

 

繰り返しにはなりますが、大切なのはエアビー予約前に自分の旅路に合わせてしっかりシュミレーションし、可視化すること。これに尽きます。

 

 シンガポールでAirbnb(エアビー)に初宿泊してみたリアル体験談

 

気になることは予約する前に質問しておくと安心です。行ってから直接コミュニケーションして聞くよりも英語でも文章だったらまだ考えながら作れますし、相手からの英語の返事も落ち着いて読解することもできますからね。

 

海外エアビーは何かとホテルのように思いがち。しかし、エアビーは海外にあるただの一般家庭の部屋です。

 

そこには家庭内のルールであったり、地域の文化・志向があるのは当然です。

 

海外エアビーに泊まる時も「こっちはお金を払ってるんだからホテルのように何をしてもいいんだ!」という横柄な気持ちは持たずに、「このタイミングでここに泊まらせてくれて本当にありがとう!」という気持ちを持ちましょう。

 

また、宿泊最終日にはちょっとした飲み物などを差し入れて宿泊先ホストに感謝の気持ちを伝えると喜んでもらえますよ。

 

 シンガポールでAirbnb(エアビー)に初宿泊してみたリアル体験談

 

それでは、海外エアビーで快適な海外旅行を♪

海外エアビー宿泊費、体験が最大5,088円オフになるクーポンはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です