IIJが発表した国内eSIMカードの口コミ、現在の使用感など

スポンサーリンク

IIJが発表した国内eSIMカードの口コミ、現在の使用感など

SIMカード IIJが発表した国内eSIMカードの口コミ、現在の使用感など

 

IIJmioが既にベータ版としてサービス展開している国内eSIM。

 

色々な意見が出てきていますが、このeSIM市場はこれから国内でどれだけ伸びていくのでしょうか?

 

またその過程でどのように携帯通信業界を取り巻く世界は変化していくと思いますか?

 

今回は国内初のeSIMサービスを始めとして、ユーザー目線でも今後どのような変化が起きるのかについても考えてみたいと思います。

 

eSIMとは?

SIMカード IIJが発表した国内eSIMカードの口コミ、現在の使用感など

 

eSIMって簡単に言うと、今まで物理的にSIMカードを差し替えて使っていたスマートフォンに物理的なSIMカードが必要なくなって、元から本体にSIMが組み込まれる形をとったものなんですね。

 

なので、物理的なSIMカードは抜き差しすることができますが、eSIMの場合はできません。本体と一体型だからです。

 

逆に言えばSIMカードの抜き差しせずにソフトウェアで国内の電波、海外の電波が使えることになるので便利でしょう。

 

有名どころで言うと、現状iPhoneXs、iPhoneXRあたりがスマホでeSIMが使える端末です。

 

eSIMの口コミは?

SIMカード IIJが発表した国内eSIMカードの口コミ、現在の使用感など

 

SIMカード IIJが発表した国内eSIMカードの口コミ、現在の使用感など

 

実際にeSIMを利用したことのある人の口コミを見てみると、このような意見が挙がっています。

 

海外で利用する場合、多少値段が上がっても利便性が良ければ使いたいというeSIM使用に対して意欲的な意見や、

 

電波が悪いのはこれはちょっと予想外・・・て思われた方も多いかもしれませんが、まだサービスは始まったばかりなので仕方ない部分はあるかと思います。

 

そもそもeSIMの存在意義は?

SIMカード IIJが発表した国内eSIMカードの口コミ、現在の使用感など

 

日本国内においてeSIMの存在意義はまだまだ不明確なものになっていると思います。

 

その理由としては、

 

・キャリアSIMに加えてeSIMを併用した方が結果的に割高になってしまう可能性があること

・現状で音声通話に対応しているeSIMが存在しないこと

・現状でeSIMに対応している端末側が少なすぎること

 

このあたりが絡んでいます。

 

一つ目は、スマホユーザー向けにeSIMのサービスを始めていない大手キャリアのSIMカードに加えてeSIMを契約すると、大手キャリアのSIMカード1枚で契約している時よりも割高になる可能性があるということです。

 

大手キャリアのSIMカードだと毎月ギガが足りなくて、月末に速度制限に掛かってるからeSIMも考えてみたけど、月に1500円も追加で掛かるんだったらキャリアでプラン変更しようかな。。と思う人も出てくるかもしれません。

 

二つ目はiPhoneユーザーに限られた話にはなりますが、社用の携帯番号と個人の携帯番号をわけて持ちたいという型の場合、まだ音声通話に対応したeSIMが提供されていないので難しいですね。

 

今後音声通話機能付きeSIMも出てくることが予想され、iPhoneユーザーとして切望している方も多いでしょう。

 

三つ目は、現状では限られた機種のみ、eSIMでの動作確認が取れています。

 

SIMカード IIJが発表した国内eSIMカードの口コミ、現在の使用感など

IIJmioさんよりお借りしました。

 

IIJmioさんの動作確認一覧表を見ると、全部で8機種と少ないですね。

 

これは端末がeSIMに対応してないことが原因であって、eSIMサービスを提供するIIJ側の問題ではありませんが、今後対応機種がさらに増えてくると良いですね。

 

海外のeSIM利用も割高感が否めない

SIMカード IIJが発表した国内eSIMカードの口コミ、現在の使用感など

 

来月シンガポールに行くので、海外でのeSIMデビューも考えてみたのですが、eSIMってちょっと割高ですね。

 

東アジア圏の国で現地のSIMカードを買った時ってだいたい1,000円ぐらいで、それでいてまあまあ通信速度は早くてっていう現地の環境にも慣れているので、esimdbさんのシンガポールで利用できるSIM一覧とか見ちゃうと結構萎えますw

 

eSIMだと2GB単価で安くても2,000円ぐらいはするのか、。

 

物理的なSIMカードが存在しない分、もう少し安くなったら良いのにと思うところはありますが、それはこれから洗練されて行くんでしょうね!

 

キャリアが率先してeSIM対応機種を発売しない理由

 

eSIMカードでMNP(電話番号そのまま乗り換え)って、まだeSIMが音声通話にサービスに対応していないので実現可能なのか分かりませんが、将来的に可能になればスマホ画面のタップで通信事業者の契約&解約が今以上にスムーズになってきます。

 

物理的なSIMの入れ替えが必要ないとすれば、今みたいに宅急便で格安SIMの会社からSIMカードが届いたり、キャリアによっては解約時にSIMカードを返却するといった手間が全て無くなると考えられるからです。

 

キャリアとしては簡単に契約は良いとしても、解約まで簡単にされてしまうのはタマにキズなのかもしれません。

 

なので日本の通信キャリアが前向きにeSIM対応のスマホを発売するのには時間が掛かりそうです。

 

海外ではシンガポールだけを見ても複数のeSIMキャリアが存在するというのに日本は未だIIJmio1社だけでテスト段階とはw

 

国内国外両方のeSIMのこれからに期待したいと思います。

 

eSIMの現状についてまとめ

 

国内外問わず、eSIMの利用は時期尚早な感じがします。

 

現状日本でDSDS、DSDVスマホの普及が著しいので、物理SIMカードの使用は数年は続くと考えられますが、eSIM対応端末の市場参入が早まり、スマホユーザーの2年おきの買い替えが進めばeSIM対応端末が主流になってくるのも遠くない未来かもしれません。

 

面白いもの見たさな部分はあるので、iPhoneXRとか持ってる友人に会うとeSIMの挙動が見たくてソワソワしますが、現状eSIMに対応しているモバイル端末は高額なものが多いので、わざわざ割高なeSIMを導入する為に購入はしたいと思いません。

 

せめて今年のiPhoneが発売されて、前モデルのiPhoneXRが値下げされてからにしようと思っています。我慢できなくなってアッサリ買ってしまうかもしれませんが。。w

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です