SIMフリースマホ歴4年で今からスマホデビューする人に伝えたい事

スポンサーリンク

 

格安SIMを使い続けて5年近く、SIMフリースマートフォンを使い続けて4年が経ちました。

 

SIMフリーのスマートフォンが出てきたのが2015〜6年あたりだったかな、アップルストアでもSIMフリー版のiPhoneが出てきて購入したのは良いけど格安SIMがまだ対応していませんとかで使えないよ!って人が続出してネットニュースでも話題になりましたよね。

 

今回2016年からSIMフリースマホにハマって合計5台購入してしまった私が、まだガラケー使っててスマホデビューしていない人向けにもしスマホデビューするとモバイルライフスタイルがどう変わるか?って事を全部さらけ出して伝えたいと思います。

 

SIMフリースマホ歴4年で今からスマホデビューする人に伝えたい事

SIMフリースマホのMotoG4-Plus SIMフリースマホ歴4年で今からスマホデビューする人に伝えたい事

 

スマホって何?ガラケーとどう違う?

 

まず、スマホって主に2種類あります。

 

簡単に言うと、iPhone(iOS)とAndroidです。

 

iPhoneは持ってる人多いのでわかりやすいと思います。Androidは大体iPhone以外です。

 

例外はあります。他にも細かい種類はありますので、そこは割愛します。慣れてきてからで良いと思います。

 

スマホって一般的に指で画面をタッチして操作できるので、折りたたみのガラケーより動きがスムーズです。

 

そしてガラケーより大きな画面でネットが見れます。ガラケーとスマホの違いって大きくはこんな感じでしょうか。

 

スマホをどこで買うか?

SIMフリースマホのMotoG4-Plus SIMフリースマホ歴4年で今からスマホデビューする人に伝えたい事

 

昔も今もそうですが、スマホってキャリアショップで買えます。(docomo、au、Softbankなど)

 

だからスマホが欲しいって思ったらキャリアショップに行けばすぐに買えます。

 

面倒なことが苦手、自分で調べたりして解決するのが嫌な方は今すぐキャリアショップに向かいましょう。最短で手に入ります。

 

2015〜6年ぐらいまではこれが主流だったと思います。

 

今でもケータイショップでスマホを契約する、購入するという人は居ると思いますが、このあたりから消費者にとってスマホをキャリアショップ以外で買うという選択肢が出てきました。

 

これは、街中にある携帯中古ショップであったり、ネット通販(アマゾン、ヤフーオークション、ヨドバシドットコム、ビックカメラドットコム)などです。

 

 

初めは、持っていた端末が壊れてしまって、代わりのスマホを新品で買うのもなぁ・・・という人が始まりだったと思います。

 

そこからスマホ(端末機械)と通信契約(通信サービス)が別々に手に入るようになってきたことによりキャリアショップ以外で購入する人が爆発的に増えました。

 

スマホと通信契約が別々に手に入るようになったのは、SIMフリー版のスマートフォンが出てきたことが大きな要因の1つです。

 

SIMフリースマートフォンというのは、携帯電話の中に入っているICチップがSIMカードと呼ばれていてキャリアによって種類・規格が違います。

 

それがフリー(制限なくどのキャリアでも端末の通信規格が合っていれば使用可能)になっているスマートフォンだということです。

 

なので、今までみたいにauで買ったスマホだからauのSIMカードしか使えないといった不便がなくなり、docomo、au、Softbankなど、どこのキャリアの通信サービスでも使えるようになりました。

 

今からスマホデビューならSIMフリー版Androidスマートフォンがおすすめ

SIMフリースマホのMotoG4-Plus SIMフリースマホ歴4年で今からスマホデビューする人に伝えたい事

 

今からスマホデビューするならSIMフリー版スマートフォンがおすすめです。

 

それも高価格なものではなく、手頃なミドルレンジモデルがおすすめです。

 

その理由を説明していきます。

 

まず高価格なスマートフォンと言えば、iPhoneが代表格です。

 

Androidも使ったことのある人はわかると思いますが、iPhoneは本当に使いやすいです。

 

SIMフリースマホのMotoG4-Plus SIMフリースマホ歴4年で今からスマホデビューする人に伝えたい事

 

タッチの感度、端末のレスポンス、修理の対応店舗の多さなど、挙げだすとiPhoneを使うメリットはキリがありません。

 

唯一デメリットとして叫ばれるのが価格の高さです。

 

非常に高く、下手するとAndroidのミドルレンジモデル(中間の価格、性能のもの)が2台〜4台とか買えます。

 

アップル信者(iPhoneをはじめとする米アップル製品が大好きな人々)はともかく、iPhoneをまだ一度も使ったことがなくてこれからスマホデビューするという人がいれば、iPhoneは購入しない方が良いかもしれません。

 

もしAndroid端末で自分に合ったものがあればその端末を4台買うとすると(同じ端末じゃなくても未来に似たような端末を購入し続けたとする)、1台のiPhoneより4倍の期間長く使えることになります。

 

そのほかの点を見ていくと、タッチの感度や端末のレスポンスなどAndoridはiPhoneと比べて劣ります。その分お手頃な価格のものが多いからです。

 

しかし、今までガラケーを使ってたよという方はスマホの操作性が一般的にどういうものかを知りません。

 

初めてデビューしたのがiPhoneだった方はiPhoneの性能がスマホとして当たり前なんだと思いますし、初めて使ったのがAndroidだったという方の場合は、これがスマホのスタンダードなんだってなります。

 

要は始めに良いものを使ってしまうとそれが基準になってしまうので、基準を下げられなくなる可能性があるということです。

 

SIMフリースマホのMotoG4-Plus SIMフリースマホ歴4年で今からスマホデビューする人に伝えたい事

 

こうなると、もうiPhoneからやめられないとか、ハイエンドモデルのAndroidから抜け出せないとか、そういうモバイルライフスタイルになっちゃうんですよね。

 

本人がそれで良ければいいのですが、これに陥る人は多いので、結構怖いです。

 

スマホメーカーは自社の製品を使って欲しいので様々な仕掛けを用意している

SIMフリースマホのMotoG4-Plus SIMフリースマホ歴4年で今からスマホデビューする人に伝えたい事

SIMフリースマホMoto G4にデフォルトで入っているMotoという名のアプリ

 

アップルのiTunesのバックアップシステムが良い例ですが、メーカーって自社の製品を出来ればずっと使って欲しいので色んな仕掛けを用意しています。

 

目に付くところで言えば、もともと買った時からスマホに入っているメーカー製のアプリですね。

 

アプリを使うとそのアプリに慣れてそれを使うのが習慣になる可能性があります。

 

スマホのデータバックアップ技術でいうと、アップルのデータバックアップ機能(iTunes)は素晴らしいですね。

 

SIMフリースマホのMotoG4-Plus SIMフリースマホ歴4年で今からスマホデビューする人に伝えたい事

 

PCさえあればそこにバックアップが取れるのですから、もうバックアップめんどくさいから一生iPhoneを使い続けようか、となる人も多いでしょう。

 

人って何かに慣れてしまうとそれを拒絶するのが難しくなります。それは今までずっと使用しているガラケーに関しても言えることだと思います。

 

SIMフリースマートフォンを購入するなら格安SIMも導入することになると思いますが、実はスマホメーカーだけでなく、格安SIMも自社サービスで消費者を囲い込みます。

 

例えば、格安SIMのmineo(マイネオ)は格安SIMの契約者に独自のドメインメールアドレスを無料で提供しています。

 

「〜@mineo.jp」みたいなやつですね。mineo使うならこのドメインのメールアドレス使って良いよと用意されてるわけです。

 

SIMフリースマホのMotoG4-Plus SIMフリースマホ歴4年で今からスマホデビューする人に伝えたい事

 

でも、これも一度使い始めて常用したら、このメールアドレスを使うのを辞めることができなくなってきます。

 

もうmineo解約したいんだけど、仕事でメインで使ってるメールアドレスがこれだから解約できない、と。

 

そうなったら不便ですよね。でもこういった話をすると「今ソフトバンクでソフトバンクのメールアドレス使ってるよ?」と言う人が出てくると思います。

 

ラインの普及が著しく伸びて、未だにキャリアメールアドレスだとか、インターネット回線のプロバイダーメールアドレスなどを使っている方って大体は仕事用でとかに限られてきていると思いますが、これも一種のキャリアの仕掛けですよね。

 

あなたもソフトバンクのメールアドレスが辞められない→ソフトバンクが解約できないってことになっていませんか?

 

もしそうならできるだけ早くキャリアのメールアドレスからGmailなどのフリーメールアドレスに移行していきましょう。フリーメールアドレスならネットさえ繋がるところであれば海外でも受信できるので、どこのキャリアのSIMカードなどに縛られる必要も無くなります。

 

大切なことは、どんなキャリアでもどんなSIMフリースマホでも使えるネットサービスを利用することです。

 

SIMフリースマホの良いところは海外でも使えること

SIMフリースマホのMotoG4-Plus SIMフリースマホ歴4年で今からスマホデビューする人に伝えたい事

 

SIMフリースマートフォンの良いところは基本海外でも現地のSIMカードを刺せば使えるところです。

 

海外用ポケットWi-Fiを契約して日本のSIMロックの掛かったスマホを一緒に持っていくという方もたまにいらっしゃいますが、無駄でしかないです。

 

なぜなら海外用ポケットWi-Fiはキャリアの海外ローミング機能と同じぐらい1日あたりに換算すると高額だからです。

 

現地のSIMカードなら1週間契約で1,000円ぐらいのSIMカードが主流です。(データ通信容量、プランは渡航先によって異なります)

 

ガラケーの方が安そうに見えて実は高い?そんな時代がやってきた

SIMフリースマホのMotoG4-Plus SIMフリースマホ歴4年で今からスマホデビューする人に伝えたい事

 

なんだかんだいってもまだ買い換えるつもりないし、なんせガラケーの方が安いしという意見、よく分かります。私も3ヶ月前まで2台分のdocomoガラケーSIM保有してました。

 

そして、前の会社を退職する時に全部解約しましたw

 

すると、現実にガラケーよりスマホを使った方が安くなりました。

 

何でってガラケーでも安くても月1,000円は掛かるじゃないですか?今の時代格安SIMって同じぐらいの金額で持てます。

 

しかも今ってもう普通の3Gのガラケーは減ってきていて、キャリアショップに行ってもガラホしかありません。

 

ガラホはスマホに準じた端末なので、必須でプロバイダー(インターネットに繋げる為の入り口の役割)が付いてきます。

 

つまりインターネットを使う、使わない関係なくプロバイダー料は月額料金として掛かってきます。

 

また端末代も今までのガラケーをと比べて高額になってきます。なんせ見た目はガラケーなのにガラホは中にAndroidが入っているからです。

 

つまり本人がガラケーを使いたくても、中のシステムがもうスマホと同じになってきてるんですw

 

このままガラケーを使い続ける方が損する世の中になりつつあります。

 

いずれ近いうちにガラケーは全てスマホに置き換わっていきます。

 

ガラホに変えるのとほとんど変わらない月額料金でSIMフリースマホヘ買い換えることができるのはお得だと思いませんか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です