docomoからmineoへMNP(転出)してみた手順

スポンサーリンク

 

年末に大阪はなんばにあるmineoショップで音声通話回線の乗り換え(MNP)に来ています。

 

mineo外観 docomoからmineoへMNP(転出)してみた手順

 

年末はちょっとは空いてるよね?と思いきや、まさかの爆込の状態で驚いています。。

 

mineo外観 docomoからmineoへMNP(転出)してみた手順

開店前から店の外に行列が・・・!

 

11時からオープンのmineoショップなんば店。建物の外には誰も居なかったので余裕じゃん!と思っていると、中のmineoショップの2階の入り口前のミラー越しにちゃっかり4人ぐらい並んでましたww

 

ただでさえ月末、そこに合わせて年末も被っています。流石の混み具合ですね。

 

並んでいるほとんどの方が今月中が今使っているキャリアの更新月なのでしょうか。

 

そんな僕は予約なしで並びました。ところで今日、13時から普通に仕事なんですが、間に合うのかなw(チャレンジャー)

 

mineo外観 docomoからmineoへMNP(転出)してみた手順

開店して間もなく新規申し込みが9番まで埋まる。予定では回線開通は13時ギリギリになりそう。。

 

mineoの審査に1間半は最低掛かるらしいので、開通は13時ギリギリになりそうですね。

 

実は12月の頭にこのmineoショップなんば店に一度来てまして、音声通話の乗り換えに1時間半ほど時間が掛かるそうなのでまた後日来ることにしたんです。

 

その日は時間が無いから帰ろうとしたら、重要事項説明をしてもらって「今度来る時にこれを持ってきてください!」と言われてサインを求められ、書類を渡されましたw

 

mineoショップなんばはmineoの取り扱い店(代理店)なので、出来る限り新規回線を獲得したいという気持ちが伝わってきました。

 

しかし、それからまたここに来るまでの間に、mineoのエントリーパッケージもろとも貰った書類を諸事情により紛失してしまって、またイチから出直しに。。

 

しかも、のんびりしていたらもうあっという間に月末ってか年末じゃありませんか!

 

 

前回貰った書類の重要事項を一通り聞いていてサインも済んでいたので、またイチから説明を受けるのは面倒だなぁ。。

 

それを受付のお兄さんに伝えたところ、ある程度はしょってはくれるとのこと。※再度、重要事項同意のサインは必要です。

 

 

mineo外観 docomoからmineoへMNP(転出)してみた手順

 

やっと店員のお姉さんに席に案内してもらったのが11時半過ぎ。重要事項の説明を受けた旨を伝えましたが、「軽くもう一回説明しますね〜!」とのこと。

 

まあ、そうですよね〜。契約前に重要事項を説明してなかったら後でそんな話聞いてない!なんて面倒な事を言い出すお客さんは多いでしょうからw

 

mineoのメールアドレスは作らない方が良い

 

mineoに限らずですが、格安SIM会社から出ているメールアドレスは使わなくてもいいなら無理してまで使わない方が良いでしょう。

 

なぜならmineoを解約したらこのメールアドレス自体使えなくなるからですね。。

 

正直、通信キャリアに依存しないで使えるメールアドレス(融通の利くgmailやyahooメールなどのフリーメールアドレス)をメインで使った方が良いです。

 

というのも友人の中に今までSoftbankを10年ぐらい使っていて、連絡用のメールをSoftbankドメインのメールに全て集約している人がいました。

 

Softbankを辞めると大事なメール連絡が取れなくなるから、Softbank回線を辞めたくても辞められないと彼は言っていました。

 

これは格安SIMのブランドドメインのメールアドレスに関しても、メインで使い続けると同じことになるだろうと言えます。

 

mineo実店舗は回線開通を即日438円でやってくれる

 

今契約しているキャリアの更新月が今月までという方の場合は注意が必要です。

 

エントリーパッケージでネット申し込みをした場合、通信キャリア間の音声通話回線移行(MNP)が当月中に間に合わなかったら、元キャリアの解約金(キャリア本家だと税込10,260円がスタンダード)が掛かる可能性があるからです。

 

気付いたら最後の更新月の月末になっていて、ちゃんと月末までに回線移行処理が行われるか分からない。。間に合わなかった。。みたいな悔しい思いをしたく無い方はネットでMNPを申し込まずに実店舗にエントリーパッケージごと持ち込んだ方が無難でしょう。

 

実店舗にエントリーパッケージを持ち込んだ場合、もちろん通常の契約では発生する回線契約事務手数料(税込3,240円)は掛かりません。

 

ただし、実店舗で即日開通を行った場合はSIM発行手数料(438円)が掛かるのでここだけ注意です。※初回の月額料金と合算請求。

 

要はその日中にmineoに音声通話回線を移して電話できるようにするからこれだけ後で払ってね!!というものですね。

 

乗り換え期間に余裕のある方はエントリーパッケージをアマゾンなどで購入して、自宅に届いたらエントリーパッケージの書いてある通りにMNPを進めれば良いと思います。

 

しかし、更新月期間をなんとなくダラダラ過ごしてしまって今月中にmineoから切り替えのSIMが届くかわかんねーな。。って状況になってきた時は実店舗での即日回線開通が確実でオススメです。

 

僕の場合は、今月の12月が更新月2ヶ月目のラストだったので、ネットMNPで時間が掛かってしまって通信キャリア間の回線移行が年(2018年)を跨いでしまったら、転出元キャリアの更新月を過ぎていることになるのでまた2年間の契約期間が始まっている関係上、上記の解約金が発生するところでした。

 

転入先の通信キャリアから替えのSIMカードが届かない限り、自分の通信回線の切り替えが無事月内に出来ているのか自分の目でリアルタイムで確認できないネットMNPの月末申し込みは非常に不安です。。

 

確実に即日MNPできて438円だけ掛かるのと、ネットで申し込んでいつ届くか分からなくて回線切り替えが月(年)を跨いでいて、実は転出元キャリアで10,260円掛かる(ガーン!)のどちらかだったら、当然438円の方を取りますよね?

 

mineoは一旦退出してOK

 

契約前説明が終わったのが12時過ぎでした。ここから1時間と半は流石に待てないよね〜。(遅刻届が必要になっちゃうよ)

 

説明が終わってから実際にお店のパソコンで契約手続きを進めていきます。

 

店員さんと相談しながら進められるので、格安SIM初心者の方でも安心して契約できると思います!

 

残り時間が少なくなって来たので店員のお姉さんに聞いてみました。

 

サイハン「契約審査の間って外に出ていても(というか仕事)構わないんですか?」

 

お姉さん「大丈夫ですよ!ただ、19時までにはお戻りください」

 

確か昔にキャリア本家のショップで新規回線契約するのも19時あたりがラストオーダーだった気がします。

 

結局はmineoもそのauの回線を借り受けている通信キャリアなので、その日に契約できるかどうかはauに依存するみたいですね。

 

mineoの通信プランなどは、以前からデータ通信専用SIMを利用しているのでサクッと決めて審査を進めてもらい、足早に仕事に向かいました。

 

mineo外観 docomoからmineoへMNP(転出)してみた手順

 

仕事の休憩時間(1時間)にSIMを受け取る

 

次にショップに訪れたのはその日の16時を回ったあたりでした。

 

仕事の休憩時間が1時間、ショップ迄は徒歩15分、往復で30分。残り30分で待ち時間も合わせてSIM受け取れるのかなぁ…と心配でしたが、結果から言えば無事受け取れました(回線移行できました)。

 

仕事の日にメイン回線のMNPなんて張り切った事をよくしたなぁと自分でも思いますが、案外イケるもんですね。

 

これでメイン回線はDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)としばらくの間おさらばです。。

 

HuaweiのMate 10 ProがauのVoLTEにもDSDV対応すればワンチャンmineoのAプランのままDSDSに戻れるカモですが、もう3Gガラケー時代のDSDSの恩恵は受けられないだろうからと色々模索中です。

 

今回は月末ないし年末にmineoにMNPできるのか?身をもって無事回線移行できた体験談でした!皆さん良いお年を!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です