Mate 10 Proが発売、DSDVの実用性に注目!

スポンサーリンク

 

2017年12月上旬、記念すべきDSDV対応のMate 10 ProがHuaweiから発売されました。

 

4G(or 3G or 2G)+4G(or 3G or 2G)のDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応したスマートフォンです。

 

Mate-10-Pro Mate 10 Proが発売、DSDVの実用性に注目!

 

日本国内では2Gは廃止されているので、実際のところ4G(or 3G)+4G(or 3G)ですね。

 

SIMスロットが2枚あるので、対応する4G SIMカードを挿入すれば、4Gデータ通信やVoLTE音声通話の同時待ち受けが可能な仕様となっています。

 

現時点では端末が対応しているVoLTE通話に制限があり、SoftbankのVoLTE音声通話のみ対応しています。

 

Softbankの4G VoLTE SIMをお使いの方は、通話相手側もSoftbankの4G VoLTEに対応している場合に、めでたくDSDVの恩恵を実感できることでしょう。

 

VoLTE対応スマホ、その恩恵を受けられないとき

VoLTEの特徴である高音質通話が期待できるのは相手と同じキャリア同士で相手もVoLTE対応端末を使っている場合に限定されてしまいます。

引用:IT pro

 

デュアルスタンバイ時の通信は4G + 4Gに限定される

 

以下は、goosimseller公式サイト上にも記載されている内容です。

 

Mate-10-Pro Mate 10 Proが発売、DSDVの実用性に注目!

goosimseller公式サイトよりお借りしました。

 

例えば、今まで皆さんが契約したことのあるdocomoの3Gガラケーに元々入っているSIMって、3G通信のみ可能なFOMA SIMカードです。

 

つまり、このFOMA SIMにSIMカットを施してデータ通信用の4GのSIMと共にSIMスロットに挿入しても、Mate 10 Proでは3G通信ができないことになります。

 

Mate-10-Pro Mate 10 Proが発売、DSDVの実用性に注目!

goosimseller公式サイトよりお借りしました。

 

au系のSIMカードに関しては、goosimseller公式サイト上の情報を見る限りでは対応していないとの記載があります。しかし、au系SIMカードでもデータ通信は可能との声も上がっています。

 

実際に使えるかどうか?

 

こればっかりは、メーカー側からしてもその該当のau系SIMを試してみないと(検証してみないと)分からないんでしょうね。。

 

それもあってメーカー側では確実に保証ができないので、今はKDDI回線に対応していないという表記にしているのかもしれません。

 

話を戻すと、Mate 10 Proで片方のSIMを4G通信方式に設定した場合、もう片方のSIMも4G通信方式に固定となります。※Softbankのガラケー3G SIMなど、一部例外があるようです。

 

つまり、従来のDSDSスマホで可能だったように、4Gデータ通信SIM+docomoの3G音声通話専用SIMを併用してのデュアルSIMデュアルスタンバイができません。

 

これは、デュアルSIM設定からデュアル4Gの設定をオフにしても結果は同じです。

 

DSDVに月額料金の安さは追求できない

 

以前の記事、DSDVスマホはガジェット愛好家向けの嗜好品へ?でも書いた通り、DSDVスマホでは各キャリア本家から出ている4Gガラホであってもパケット通信サービスおよび各種プロバイダサービス料の契約が必須となってきた以上、DSDSスマホで3GガラケーSIMを格安運用できているような月額通信料金面での安さを追求できなくなっています。

 

Mate-10-Pro Mate 10 Proが発売、DSDVの実用性に注目!

 

3Gガラケー契約の存在自体が市場からは消えつつあるので、当然の展開なのかもしれません。

 

しかし現状を見るに、Softbankの4G VoLTE対応機種を使うユーザーを除いて言えば、正直なところこのスマホのDSDV機能にはメリットがありません。

 

確かに今後、Mate 10 ProがdocomoとauのVoLTE通話にも対応するという情報もあります。

 

日本のニーズに応えた防水フラッグシップ「Mate 10 Pro」~クラウド、FeliCa対応にも意欲

ファーウェイ呉波氏に聞く

まだ正式発表はしていませんが、近日中のソフトウェアアップデートにより、対応できるよう進めています。最終的には3キャリアのVoLTEで、デュアルSIMを活用できるようになる予定です。

引用元:ケータイWatch

 

2016年夏に発売された第1号のDSDSスマホのMoto G4 Plusが社長自らau VoLTE対応化を宣言したのにもかかわらず未だにau VoLTE SIMが使えない事実がありました。

 

未来のアップデートによる各キャリア本家のVoLTE対応化が確実になる前に、この端末を購入するのは少しリスクが高いと言えるでしょう。

 

実際に人柱が立ってからにした方が良さそうです。年末年始のセール時にはある程度明確になっていると良いのですが。。

 

実際のところ、2枚のSIMを運用している方の場合、3G通信方式の停波までは3GのガラケーSIMを持っていればDSDSスマホで十分格安運用できます。

 

docomo、Softbankの3Gガラケー回線をお持ちの方の場合は、現状発売されているDSDSスマホならOKです。

 

auのガラケー回線をお持ちの方の場合は、g07+(g07++)という端末ですね。※au 3GガラケーSIMの規格に制限があります。

 

本体最安値販売元はOCNモバイルONE(goosimseller)

 

上記の内容を読んでも、それでもMate 10 Proがどうしても欲しい!という方。

 

しかしながら、Mate 10 Proはそれなりに高価な端末であるのも確かです。どうせ購入するからにはできる限り安く入手したいところ。。

 

Mate 10 Proに関しても各販売店や格安SIM会社から様々なキャンペーンが催されていますので、一度チェックしてみても良いでしょう。

 

Mate 10 Proは楽天モバイル、Nifmo、エキサイトモバイル、OCNモバイルONE(goosimseller含む)からSIMとセットで販売されています。

 

端末単体だとOCNモバイルONE(goosimseller含む)やamazon、楽天などでも販売されています。

 

その中でもMate 10 Pro単体の販売は、OCNモバイルONE(goosimseller含む)の通常セットが税込86,184円で最安値ですね。※送料無料。

 

Mate-10-Pro Mate 10 Proが発売、DSDVの実用性に注目!

goosimseller公式サイトよりお借りしました

 

OCNモバイルONEのらくらくセット(最低6ヶ月間の利用期間付きの音声通話SIMと端末のセット購入)の場合は、端末本体を税込75,384円で購入することができます。しかし上記の通常セットで付いてくるSIMカードと違い、付属の音声通話SIMの最低6ヶ月間の利用が必須となります。※期間内の回線解約違約金は不課税で8,000円。

 

SIMの最低利用期間がある以上、OCNモバイルONEの運用費が格安SIM各社と比べて若干高めな点には注意が必要です。

 

OCNモバイルONEらくらくセットの音声通話SIM運用費

 

最低6ヶ月間の契約が必要なのであれば、回線が解約できるようになるのは次の7ヶ月目。なので7ヶ月間OCNモバイルONEのSIM(音声通話+高速通信3GB加入時)を運用した場合は、1,944円×7ヶ月=13,608円掛かる計算になりますね。

 

※別途音声通話料やユニバーサルサービス料金は除きます。また、解約月の日割り計算はされません。

 

Mate-10-Pro Mate 10 Proが発売、DSDVの実用性に注目!

OCNモバイルONE公式サイトよりお借りしました。

 

OCNモバイルONEらくらくセットの端末一括購入費

 

らくらくセットだと最低限6ヶ月間回線を利用する代わりに端末を税込75,384円で購入できますが、13ヶ月間のSIM運用費と合わせると、合計税込88,992円掛かる計算になります。

 

そう考えれば、今現状で使っている回線に満足しているという方は、少々高くても通常セットで端末だけ一括購入することをお勧めします。※通常セット付属のSIMは回線契約開通必須ではない為。

 

「今使っている音声通話回線がau系でそのままだとMate 10 Proで使えないし、この機会に別の格安SIMも試してみたい」という方はらくらくセットでの申し込みもまた選択肢としてありかと思います。

 


Mate-10-Pro Mate 10 Proが発売、DSDVの実用性に注目!

Mate-10-Pro Mate 10 Proが発売、DSDVの実用性に注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です