スマホ修理店で働く僕が考えるiPhoneが割れない処方箋

スポンサーリンク

 

こんばんは、サイハンです!

 

iPhoneXを購入して3週間近く経ちました。おかげさまで、まだ何とか画面は割れてませんw

 

17644-1-1-1024x576 スマホ修理店で働く僕が考えるiPhoneが割れない処方箋

 

iPhone8以降表面と背面がガラス製になったので、とても怖いです。。

 

片面ガラスだけならまだしも、両面ガラスとなると今まで使っていたZenfone3と同じ仕様なのでビクビクしています。

 

iPhoneを持ち歩く時もだいぶ気を使いますね。iPhoneを使う前に、まず落とさないように落とさないように!という気持ちが芽生えますw

 

さて、そんな新機種のiPhone。今回はスマホ修理店で実際に働く僕が「これならiPhoneを割らずに済むんじゃないか?」と考えるiPhoneの取り扱い方についてお話ししていければと思います。

 

「iPhoneが割れないケースや、保護フィルムってありますか?」

 

お客さんから一番よく聞かれる事はこのフレーズ。

 

一回でもiPhoneの画面を割った事のある方であれば、必ずしも頭に浮かぶもう絶対割りたくないという思い。毎日画面がバキバキになったiPhoneばかり見てるのでその気持ち、よく分かりますよ。

 

しかし、結論から言うと、、

 

iPhone本体が絶対に割れないケースや保護フィルムはどこに行っても売ってません

 

ただし、割れないケースや割れない保護フィルムは結構売ってます。

 

 

 

あくまでケースが割れない、保護フィルムが割れないだけですよ?w

 

それってどうですかね、、一番守りたいのはiPhone本体だけどそれ以外が割れない(壊れない)ものでも仕方ないんじゃないか。。って思うわけです。

 

それなりに強度がある事の表れだと思いますが、実際問題画面が割れなくてもiPhoneが壊れる事っていくらでもあります。

 

「じゃあ、iPhoneが割れない為にはどうしたら一番ベストなの?」という疑問に対する答えをこれからお話ししていきます。

 

スマホの画面は割れなくても壊れることがある?

 

実は、スマホの画面って割れてなくても壊れることがあります。

 

17644-1-1-1024x576 スマホ修理店で働く僕が考えるiPhoneが割れない処方箋

 

画面上(液晶表示部分)に縦筋の線が入ったり、黒ずんできたり(液晶漏れといわれる症状)。これらは画面に何らかの圧力や衝撃が掛かった時に液晶が耐えきれなくなって破損してしまうんですね。

 

ある一定の衝撃が伝わったら壊れます。これは仕方ありません。精密機器である限り仕方ないことです。

 

でも、割れない(破損させない)努力はできます。

 

例えばiPhoneをそもそも落とさないとか、重い荷物がいっぱい入っているカバンの間に入れたりしないなどですね。

 

どうやったらiPhoneを落とさないで済むか

 

iPhoneを落とさないで済む方法は唯一、落とさないことです。

 

いや、違う違う!落とさないように気を使うことです。

 

落としにくいケースは売ってるかもしれませんが、ただのケースだとやはり指が離れてしまうと落とす可能性が高まります。

 

それなら、指が離れてもiPhoneを落とさない造りのアイテムをiPhoneに付けましょう!

 

例えば、バンカーリングがその1つです!

 

17644-1-1-1024x576 スマホ修理店で働く僕が考えるiPhoneが割れない処方箋

立て掛けて動画を見たりするのにも便利です。

 

バンカーリングは大体の家電量販店に行けば売ってますし、無ければネットでも注文できます。

 

 

僕はすぐ欲しかったので、ビックカメラで購入しました。(ついでに背面フィルムも)

 

17644-1-1-1024x576 スマホ修理店で働く僕が考えるiPhoneが割れない処方箋

 

背面フィルムはなくてもいいのですが、直でバンカーリングを貼り付けると強力な粘着が付いて後々ベトベトしたら嫌だなぁ…という思いからです。

 

こういうバンカーリングを付けておくと、もともとグリップ感のないツルツルのケースを付けている場合でも、急に手にしっくりくるようになりますw

 

ツルツルした材質のケースでもデザインが好きだから付けてる!という方も多いと思います。これは危ない、一番落としやすい。。

 

そんな場合でも、なるべく外観を損なわずしてiPhoneを守りたいなら、バンカーリングを付けておくのはアリでしょう。

 

あっ!とスマホが手から滑っても、このバンカーリングがあった時の安心感といったら・・・うーん!言葉に表せませんねw

 

スマホ(あるいはケース)の外観を損なわない中での落下破損防止といえば、僕はバンカーリング一択ですね!

 

バンカーリング付きのケースも今は販売しているようなので、ケースとバンカーリングを別々で買うならもともとセットになっているものやケースにバンカーリングが内蔵されているタイプを探してみても良いかと思います。

 

 

落とす確率が減る→割れる(破損する)だけの衝撃が減る→画面が割れる機会が減る→ウマー。。。(゚Д゚)なわけなんですね。

 

iPhoneを壊す人、壊さない人の前提の違い

 

iPhoneを割ってしまう人と割らない人では、そもそも頭の中で考えている前提が違います。

 

前者の方々は、潜在的にiPhoneは基本的に落とすもの(落とすのが当たり前)だと考えています。だから落として画面を割ってしまった後に、iPhone本体が割れないケースやフィルムを探してしまうんです。

 

それをそもそも落とさないようにするにはどうすればいいか?を考える方なら、なるべくiPhone本体を落とす(壊す)機会が減るものを選ぶし、探すでしょう。

 

最新のiPhoneXに関しては、アップルストアでの修理で表面のガラス修理が約3万円、背面のガラス修理が約6万円と言われています。※いずれもAppleCare+に未加入の場合です。

 

17644-1-1-1024x576 スマホ修理店で働く僕が考えるiPhoneが割れない処方箋

 

iPhoneXを購入する為の金額が10万以上するので、一体スマホごときにいくら掛けるんだ!って話になり兼ねないですねw

 

17644-1-1-1024x576 スマホ修理店で働く僕が考えるiPhoneが割れない処方箋

 

AppleCare+に加入されている方なら、表面のガラス修理料金が約10分の1で背面のガラス修理料金が約6分の1!かなり安いですねw

 

iPhoneXを購入して30日間経過していない方の場合は、今からでもAppleCare+に加入するのも悪くないでしょう。

 

17644-1-1-1024x576 スマホ修理店で働く僕が考えるiPhoneが割れない処方箋

 

iPhoneの画面を割りたくないなら、iPhoneの画面が割れない理由を考えましょう!

 

以上、スマホ修理店に勤める僕が考えるiPhoneが割れない処方箋でした!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です