NichePhone-Sは2台目端末にオススメって本当?

スポンサーリンク

 

こんにちは、サイハンです!

 

今日は、今朝のヤフートップニュースにも取り上げられている3G対応ガラケー、NichePhone-Sを取り上げたいと思います。

 

-2017-10-14-10.58.26 NichePhone-Sは2台目端末にオススメって本当?

 

格安SIMが使える「38gの携帯電話」が意外に便利だった

NichePhone-Sは、SIMカードはNanoSIMに対応し、通信回線はNTTドコモとソフトバンクの3G/W-CDMAネットワークに対応する。SIMフリー端末なので、多くの格安SIMが利用可能だ。

引用:Yahoo!JAPANニュース

 

MakuakeでNichePhone-Sのプロジェクト支援募集をしている時から僕もずっと気になってはいました。

 

それも敢えて今更3Gガラケーをキャリア本家の息の掛からない領域で発売してくるなんて、ある意味話題性を狙っている感じもあります。

 

でも、今更3Gガラケーの白ロムだけ買ってもなぁ。。

 

という思いが強かったので様子見にしました。

 

上記プロジェクトを支援した方は、今年の9月末からNichePhone-Sが到着し始めているようで、10月現在お手元に届いている方も増えてきているようですね。※2017年10月14日時点で、makuakeを除いてNichePhone-Sはまだ市販されていません。

 

NichePhone-Sの機能をザックリまとめると

 

SIMフリーを名乗ってはいますが、au3G SIM(CDMA2000)は使用できません。

 

docomoとSoftbankの3G SIM(W-CDMA)のBAND1のみ対応、およびそれらに準じるMVNO SIM※が使用できるガラケー端末です。

 

※docomo/FOMA/UIM、Softbank/USIM、IIJ mio、DMM Mobile、BICSIM、OCNモバイルOne、イオンモバイル、YAMADA SIM、NUROモバイル、mineo、Y!mobile、スマモバなど

 

W-CDMAが大多数の海外では、SIMフリーの真価を発揮できるかもしれませんね。※対応する周波数帯にも依ります。

 

簡単に言えば、普通に音声通話&SMSできるガラケーに、Wi-Fiテザリングできる機能が付いています。

 

今や型落ちのスマホと同じAndroid OS4.2が搭載されていますが、そもそもPLAYストアもなく、本体自体でネットブラウジングできる端末ではないので、十分でしょう。

 

イメージで言えば、2012年頃の旧willcomの端末、PORTUS WX02Sのような感じだと思います。

 

 

PHSとWi-Fiルーターが合体した「PORTUS」が便利すぎる!

待受時間50日以上! 圧倒的に便利なPHS+Wi-Fiルーター「PORTUS WX02S」

「PORTUS WX02S」は話せるWi-Fiルーターだ。

引用:モバイルアスキー

 

iPhone7以降と同じくイヤホンジャックがないので、この端末で音楽を聴きたいなら必然的にBluetoothイヤホンが必要になりますね。収録可能曲数は僅か5曲らしいです(笑)

 

 

一番のウリはそのスマートな大きさでしょうか。高さ9cm×薄さ6.5mm、重さ僅か38gの3Gガラケーは今更感はありますが、まさしく日本初の最小型ガラケーでしょう。

-2017-10-14-10.58.26 NichePhone-Sは2台目端末にオススメって本当?

 

2台持ちはどれくらい不便?

 

会社用端末と個人用端末を持ち歩く方や、2台目端末にオススメ!がキャッチフレーズみたいですが、実際それは本当なのでしょうか?

 

人に依るとは思いますが、ガジェットを2台持ち歩くって結構面倒です。

 

僕も、会社のiPhone(通信契約なし、Wi-Fi運用のみ)と自分のガラケーと自分のポケットWi-Fiの合計3台を毎日持ち歩いていた時期がありました。(笑)

 

-2017-10-14-10.58.26 NichePhone-Sは2台目端末にオススメって本当?

 

これだけ持ち歩くの、本当に重いです。そして煩わしいです。

 

カバンを持ち歩かない人からすると、パンツの左右のポケットがガジェット類でパンパンになったりして、ハンカチとか家の鍵とかがポケットに入れられなくなったりします。

 

カバンに入れてもどの端末をどこに入れたか忘れたり分からなくなってしまうこともありました。

 

結論:本当に2台目端末にオススメなのか?

 

結論として、「どうしても2台持ちが好きで、どっちの端末も好きだから2台とも持ち歩きたい!」という方を除いて、2台持ちはオススメできません。

 

2台目って、そもそも端末を2台に分ける必要があるのでしょうか?ただただ不便なだけだと思います。

 

-2017-10-14-10.58.26 NichePhone-Sは2台目端末にオススメって本当?

 

ましてやNichePhone-Sは、SSSS(シングルSIMシングルスタンバイ)端末で、物理的にも1枚のSIMカードしか入らないし、1枚のSIMしか待ち受けできません。

 

また、公式サイトの注意点に気になる表記があります。

 

-2017-10-14-10.58.26 NichePhone-Sは2台目端末にオススメって本当?

 

どゆこと?!

 

つまり、データ通信専用の格安SIMを入れてそれを使ってWi-Fiテザリングしたり、キャリア本家で契約している(寝かせているような)通話プランのみにしている3GガラケーのSIMは、このNichePhone-Sでは使えない可能性が高いことを意味します。

 

公式サイト上に格安SIMには対応しているとの表記はあるので、090、080、070音声電話+データ通信付きのいわばデュアルタイプSIMカード(キャリア本家SIMに近い存在)でしかこの端末は使えないのかもしれませんね。。

 

そこがまだ不明確である以上、レビューを待たずにいきなりこの端末を購入するのはちょっとリスキーかもしれません。

 

あと端末自体nano SIMしか対応していないので、格安SIMで試そうという方はnanoSIMでの契約を忘れないよう注意が必要です。

 

SIMサイズを間違えると、リスクの高いSIMカットが必要になります(笑)

 

 

僕が2台持ちユーザーにDSDSスマホをオススメする理由

 

皆さんは、DSDSスマホって知っていますか?

 

DSDSスマホなら分けることなく、3G通話と4Gデータ通信SIMを1台の端末にまとめて入れて、デュアルスタンバイ(同時待ち受け)運用できます。

 

1台にまとめられるなら、購入代金も1台分で済むし、こっちの方が良いのではないでしょうか?

 

例を挙げれば、僕の持っているZenfone3(ZE520KL)だと今の市場価格は、ネットショップの安いところで新品が税込35,000円〜ぐらいで販売しています。

 

-2017-10-14-10.58.26 NichePhone-Sは2台目端末にオススメって本当?

 

この端末で、docomoの3GガラケーSIM(3円)とau mineoの4G VoLTE SIM(975円)の月額税込978円で、毎月3GBの高速データ通信と1,080円分の無料通話付きで1台運用できています。

 

毎月1,080円分以上(25分)音声通話しなければ、docomoの月額料金は3円のままですし、残った無料通話は繰越できます。

 

-2017-10-14-10.58.26 NichePhone-Sは2台目端末にオススメって本当?

 

-2017-10-14-10.58.26 NichePhone-Sは2台目端末にオススメって本当?

 

docomoとSoftbank3Gガラケーをまだ運用中の方で、このNichePhone-Sの購入を検討されている方は、一度DSDSスマホについて調べてみてはいかがでしょうか?

 

もし宜しければ、ココナラのサイトでスマホ通信費節約についての相談も承っていますので、下記リンクからお気軽にご相談ください♪♪

 

【スマホ料金節約】そろそろスマホの2年契約が満期の方へ、格安SIMへの乗り換え【ご相談】

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です