フィリピン現地で配っている無料SIMの活用方法とは?

スポンサーリンク

 

こんにちは、サイハンです。

 

今回フィリピンにSIMフリーのスマホを持って行って、5泊6日現地の通信環境で過ごしました。

 

本当は、フィリピン旅行される方向けに現地のSIMカードの使い方についてお話しできればと思っていました。

 

が、

 

言い訳にはなりますが、実は6日ともバタバタでフィリピンカラオケ行ったりして、楽しい予定がいっぱいいっぱいで、大して研究することができませんでした。

 

ただその中でもフィリピン現地の通信環境に触れて知った事、感じた事を書いていければと思います。

 

一緒にフィリピンに行った父がグローバルWi-Fiを契約して行ったので、そのおこぼれに預かることに。笑

 

セブを案内してくれたJは、海外版のGALAXY S5300という珍しいスマホを使っていました。

 

音声通話専用SIMのみの使用で、データ通信はしてない(多分端末のスペックが酷くて実用に耐え得る物ではない)と言っていたので、フィリピンのデータ通信環境についても詳しく聞けないままでした。(僕の英語力が無いこともその原因の一つですが。。)

 

-2017-10-05-11.51.45 フィリピン現地で配っている無料SIMの活用方法とは?

S5300は日本のアマゾンでは販売していないのですが、米国アマゾンには14ドルでありました!多分値段相応の使い勝手なのでしょう。

 

マクタン空港で配っている無料SIMをもらう

 

フィリピンセブ島のマクタン空港の到着ロビーで、海外旅行者向けの無料プリペイドSIMカードを配布しているブースがありました。

 

-2017-10-05-11.51.45 フィリピン現地で配っている無料SIMの活用方法とは?

 

左からGlobeとSMART2社のブースが並んでいて、日本語で看板に無料のプリペイドSIMカード、観光客の為の無料SIMカードと書いてあります。

 

この写真のブースではGlobeで2枚、SMARTでは1枚、無料のSIMカードが貰えました。

 

SMARTで1枚しか貰えなかった理由が、SMARTに居るブースの女性2人がケチでなぜか有料のSIMを売りつけてきたからです。

 

「看板に無料って書いてあるじゃん!」っぽいことを英語で伝えると、渋々脇に置いてあった無料SIMカードをくれました。

 

やっぱり海外は何でも言ったもんがちなところはありますね!

 

Globeのブースの女性は嫌な顔1つせず、機内で貰ったチラシを渡すとプリペイドSIMカードをくれました。

 

こんなところにも無料SIMブースがある

 

到着ロビーから出て、Jの友人が運転する車を待ちます。

 

この写真のあたりは、正規のタクシーじゃない個人タクシー勧誘が多いので、注意したいところです。

 

-2017-10-05-11.51.45 フィリピン現地で配っている無料SIMの活用方法とは?

 

ロビーから出て右側の並び、ここにもまた無料のSIMカードの配布ブースがありました。

 

-2017-10-05-11.51.45 フィリピン現地で配っている無料SIMの活用方法とは?

 

ブースに居るのは20代の男性の様子。今フィリピンに到着した感を出して、無料のSIMを下さいと英語で伝えます。

 

すると、「すいません、無料のSIMはないんですよ」というような英語を受けました。

 

え?無料のSIMを配布する為のブースなのになんでそれがないの?と思いましたが、僕は英語でごねる自信がないので諦めました。

 

どうやら彼らもまたできるだけ有料のSIMカードを買って欲しい人みたいですね。

 

旅行者用の無料のSIMカードも本当はあるけど、売上が欲しいから無料のSIMカードは無いと言い張ってきます。

 

結果、マクタン空港では何とか端末に挿すだけで300MBのデータ通信ができるSMARTのプリペイドSIMを1枚だけ手にしました。ポケットWi-Fiもない場合は本当にこれだけだと心細いですね。

 

貰ったSMARTの無料SIMに書いてある内容だと、ロード(通信料金のチャージ)をすれば、+700MB分の高速データ量が貰えるらしいのですが、旅行中にSMART会員登録して色々試してみても最終的にロード自体できませんでした。(僕の英語力がないのも原因の一つですが)

 

Globeに関しては、SIMを挿してAPN設定と再起動や機内モードオンオフなども試してみましたが、アンテナピクトは立つのにそもそもデータ通信が一切出来ない。。チラシの情報だと当日15MBのデータ通信は可能だと書いてあったのに。

 

何時間かやっても、てんで駄目なんでとうとう諦めました。

 

ということで、僕と同じように英語が読めない、苦手な方は初めからポケットWi-Fiを借りていく事をおすすめします。(笑)

 


-2017-10-05-11.51.45 フィリピン現地で配っている無料SIMの活用方法とは?

-2017-10-05-11.51.45 フィリピン現地で配っている無料SIMの活用方法とは?

 

借りたポケットWi-Fiは一台だけ。

 

父と離れる時はLINE電話が出来るように、父にポケットWi-Fiを渡しておきます。僕はSMARTの300MB制限のデータ通信は使えたので、それで何とか凌ぎます。

 

ただこのSMARTのプリペイドSIMもなんか微妙で、電波(4G)が立っている時でもデータ通信がまともに出来なかったり(凄く遅い)、ネットブラウザ上はデータ通信できる状態なのにLINE電話が掛からないといった問題がありました。

 

SIMの抜き差し、機内モード、データ通信オンオフを試しても駄目な時は本当に駄目でしたね。。なんかSIMの設定にここまで疲れたのは人生で初めてです。。

 

ガジェットはちょいちょいかじっている方で、今まで1人で訪れた国々でもそこまで大きなアクシデントはありませんでしたが、深センに行った時にSIMの電波が入らなかった時と今回のフィリピン旅行で現地SIMでまともにデータ通信できなかったのは割りと苦戦しました。

 

ましてやフィリピン通信各社のSIMカードの設定方法等も事前に調べて行きましたが、それも最終的にはあまり意味がなかったです。

 

僕もそうですが、言語の壁があって意思疎通の難しい海外では、思った以上に安定したインターネット環境に頼り切りになります。

 

英語がペラペラで意思疎通がバリバリ出来てブースの人にも現地SIMの使い方とか細かく確認できるような英語スーパーマンは、現地SIMで行ってもいいと思います。しかし、ちょっとガジェット分かって英語出来ない人の場合は日本からポケットWi-Fiを契約して行く方が無難かもしれませんね。

 

ポケットWi-Fiを使い、不安定な現地SIMを使う機会が少なかった

 

今回はポケットWi-Fiに常時繋ぎっぱなしの事が多かったです。SIMの差し替えとか仕舞いにはめんどくせーって思っちゃいました。

 

それでも一応現地SIMの活用法はあります。ロード出来なければ300MBしか使えないSMARTの無料SIMカードでも4枚あれば1.2GB分に相当します。

 

この無料SIMのブースを全部巡ってSIMをかき集めれば数日分のデータ通信として確保できるでしょう。(笑)

 

僕はマクタン空港ではスタッフ運が悪く1枚しかゲットできませんでしたが、翌々日に行ったダバオ空港では2枚のSIMカードを手に入れることができました!

 

ブースのスタッフさんにいかにも日本から来て困っているアピールで行くか、当たり前感MAXで貰いに行くかはケースバイケースになりますが、僕の場合は前者でゲットできました!(一緒に行く人が居れば1人ずつ別で並ぶと良いです)

 

ブースに居るスタッフが違う人に代わっているなどの場合は狙い目かもしれません!

 

-2017-10-05-11.51.45 フィリピン現地で配っている無料SIMの活用方法とは?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です