和歌山の生石高原でMavic Proを飛ばしてみた!

スポンサーリンク

 

こんにちは!サイハンです!

 

今日は休みだったので、今月末にフィリピンへ行くまでに新しく購入したドローン(Mavic Pro)の飛行テストをする為に和歌山県の生石(おいし)高原まで行ってきました!

 

父が高校時代にラジコンを飛ばすのによく行ったらしい生石高原。少し生石高原について紹介します。

 

生石高原は想像以上に田舎だった

 

 

生石高原は、和歌山県にある標高870mの草原です。標高で言うと東京スカイツリー(634m)より高いところにあります。

 

続いて、SORAPASSのドローンマップで実際にドローンを飛ばしても問題のなさそうなエリアかどうか確認してみます。

 

-2017-09-12-23.09.08-1024x551 和歌山の生石高原でMavic Proを飛ばしてみた!

 

このマップで見ると、和歌山県和歌山駅近郊は真っ赤に表示されています。この赤い地域は人口密集地区とされている地域なので、ドローンを飛ばしたい場合は飛行許可書類の申請が必要な場所です。

 

すぐその近くに上記の人口密集地区と被るようにある緑色の丸印達は空港のある地域なので、国土交通省への飛行許可書類の申請が必要で、なおかつ空港への届け出も必要なようですね。

 

その他重要施設は和歌山県にはなさそうなので、良しとします。肝心の生石高原はどの辺りに位置するかというと、紫色の星型マークで印をつけたこの辺りです。

 

人口密集地区にも空港地域にも被っていない地域なので余裕を持って飛ばせそうな予感!それもそのはず、大阪から車で約2時間強の場所です。

 

生石高原はラジコン愛好家オススメの地?

 

現地に到着しました!生石高原はキャンプ場としても有名みたいですが、流石に平日はガラガラでしたね!

 

-2017-09-12-23.09.08-1024x551 和歌山の生石高原でMavic Proを飛ばしてみた!

 

一応山頂に行く途中にこんな看板があります。

 

-2017-09-12-23.09.08-1024x551 和歌山の生石高原でMavic Proを飛ばしてみた!

 

ドローンは日本の航空法でいうと無人航空機なので、ラジコングライダーは滑空機にあたるのでまたジャンルが少し違うのですが、ここにラジコングライダー愛好家一同が来ているってことはなかなかラジコンが飛ばしやすい地形なはずです。

 

-2017-09-12-23.09.08-1024x551 和歌山の生石高原でMavic Proを飛ばしてみた!

グライダーってこんな感じ。

 

この看板の右上の方が南側斜面、生石高原の南側斜面はススキや野生の草花が豊富にあるところなので、自然破壊に繋がらないようこういった張り紙がされているみたいですね。

 

-2017-09-12-23.09.08-1024x551 和歌山の生石高原でMavic Proを飛ばしてみた!

早速看板前で飛ばしてみる!

 

ドローンを飛ばしたいなら田舎へ行こう!

 

大阪に住んでいると人口密集地区が多いので、本当にドローンを飛ばすところに困ります。高圧線が近くに有るとドローンが電波干渉を受けやすいので警告が出たりします。

 

しかし和歌山県の生石高原まで来れば、見渡す限り高圧線などもなく電波干渉の恐れなども少なく安心して飛ばせました。電波干渉を受けやすいドローンが非常に飛ばしやすい環境ですね。

 

最後に今回Mavic Proで撮影した動画を載せておきます!(Youtuberではないので動画そのまんまですがw)

 

どうぞお楽しみください!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です