Phantom3 Standardを購入当日に破損させてしまった話。

スポンサーリンク

 

こんばんは!サイハンです!

 

最近、ドローンを飛ばす事にハマっています!

 

今でこそやっとまともに操縦はできるようになってきましたが、過去に高いドローンを購入した時にやっちゃった。。。という体験談を今回はお話ししようと思います!

 

今年の初めの3月に、Phantom3 Standardという大型のドローンを購入しました。

 

このドローンは前からずっと欲しかったのですが、型落ちになってもそこそこ値段がするので手が出ませんでした。やっと今年に入って6〜7万円台まで価格が下がってきたので、このPhantom3 Standardを購入することに。

 

 

バッテリーは1つだと20分ぐらいしか飛ばないので、最低2つは有った方が良いです。(片方のバッテリーでドローンを飛ばしている間に片方を充電する為)

 

 

ドローンを飛ばしたい気持ちが最高潮に!

 

このドローンを買って自宅に持って帰った途端、どうしても今すぐに飛ばしたくなりました。

 

でも時刻は夜の21時、ドローンって夜間に飛ばすのは制限されています。流石にそれはできません。

 

仕方ないので、結構狭い自宅の中で飛行テストをする事にしましたw

 

次は操縦のやり方を知る必要があります。

 

でも、説明書とか読むの、本当に無理なんですよね〜。単純に面倒くさいだけですが(笑)

 

まあ百聞は一見にしかず、習うより慣れろということで、早速ドローン本体に取り付けるバッテリーが充電できたらまずはプロポ(送信機)をいじって飛ばしてみることに!

 

iPhoneとプロポをWi-Fiで繋いで、DJI GOアプリをダウンロード、初期登録を済ませるとカメラビューモードまで行けました!iPhoneの画面上で、いわゆる空撮カメラ目線を見れる状態ですね。

 

さあ、後は飛ばすだけ!

 

プロポのスティックを触ります。適当に触るとプロペラ(ペラ)が回ることが確認できました。これをいじったらプロペラが回るんだな。

 

横で父が見ています。「よし!行け!離陸しろ!」と父が言った瞬間、

 

その言葉に乗せられて、反対側のスティックを上まで上げてみます。

 

その瞬間、Phantom3 Standardはフワッ!と浮き上がりました。

 

と同時にバランスを失って、そのまま部屋の床に墜落w

 

墜落した時、Phantomはクルッと宙返りをして、逆さまに墜落しました。

 

その瞬間、父がPhantomを床に押さえつけます。床に押さえ付けてもプロペラの回転は止まりません。

 

え?止まらないじゃん、、、思いっきり上げたスティックを一番下に下げます。

 

それでも止まらない!

 

「えええ!!?止まらないじゃん!」

 

父がPhantomのバッテリーを抜こうとします。でも抜けない!これはヤバイ!一種の暴走です!

 

このままだと周りに居る人間が大怪我します。力を入れてやっとバッテリーが抜けました!

 

(本当はドローンが稼働している時にバッテリーの線を抜くのはNGです)

 

やっと電力供給を失ったプロペラの回転が止まり、Phantomの動きが止まりました。

 

結果的に自宅の床に大穴が開きました。

 

ふぅー!ドローンの動きが止まりました。

 

落ち着いてPhantomを持ち上げると、床に大穴が!。。。

 

ということで、床に穴が開きました。。しかも、穴から煙が立ち上がっています…

 

(すごい回転パワーなんだな、まるで縄文時代に火をおこす時みたい!)

 

31AonSvgrWL._SL160_ Phantom3 Standardを購入当日に破損させてしまった話。

 

感心している場合じゃありませんが、これが人体に向かっていたらどうでしょうか。

 

ちょっとした切り傷じゃ済まないでしょう。

 

ドローンを飛ばしたい気持ちがあっても操縦方法を知らないままドローンを飛ばす行為は非常に危険です。

 

説明書に目を通さないとしても、せめてネットでそのドローンの操作方法を見てからやりましょう!

 

そうしないと、僕の自宅みたいに床に大きな穴が開きますww

 

あと、Phantom3のプロペラの頭が一瞬にして消失しました。。この日に買ったばかりなのに…(泣)

 

31AonSvgrWL._SL160_ Phantom3 Standardを購入当日に破損させてしまった話。

 

ドローンの羽は一歩間違えれば、立派な兵器です。広くてすぐに逃げられるところで、くれぐれも注意して飛行させましょう!今回はそんなお話でした!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です