僕が大腸カメラ検査を受けたワケ!その1

スポンサーリンク

 

こんにちは、サイハンです!

 

8月19日の僕の胃カメラ検査は、十二指腸潰瘍判明という結果に終わりましたが、これで終わりではありません。続いて8月23日には大腸カメラの検査が控えていました。

 

大腸カメラ検査は、万一大腸ポリープが見つかった場合は短期入院になるので、最低2日間の休みが取れるところにしか検査を入れてもらえません。

 

胃カメラ検査が終わったのも束の間、診察室から出ると待合室で女性の看護師さんに次回大腸カメラの検査について詳しく説明されます。

 

が、、まだ鎮静剤が効いているらしくぼーっとして頭が働きません。

 

最後に「一通り説明しましたが、まだ薬も効いていてぼーっとしている部分もあるかと思いますので、当日までに分からないことがあればまたいつでも病院にお電話ください」と看護師さんに言われました。

 

帰りに会社の同僚と合流し、絶食明けに美味しい蕎麦を食べて帰りました。※蕎麦はうどんと比べて消化が悪いことを後から知りました。うどんにしましょう。

 

12813-1024x576 僕が大腸カメラ検査を受けたワケ!その1

 

 

検査までの期間が長いと不安になりやすい

 

前回の検査でまあまあの病気が見つかったのもあるかもしれませんが、検査までの期間が長いと不安になりやすいと思います。

 

次も何か見つかるんじゃないかとか、仕事をしている最中も不安が過ぎります。

 

というのも、僕の場合は左下腹部が痛かったからです。十二指腸(潰瘍)は人体の中で右側に位置していて、写真の青丸印あたりです。

 

12813-1024x576 僕が大腸カメラ検査を受けたワケ!その1

 

十二指腸潰瘍で右側が痛むのは分かります。でも結石の具合も多少あったとしても、左脇腹〜左下腹部が痛いのは何かおかしい。※痛いのは写真のピンク丸印あたり。

 

12813-1024x576 僕が大腸カメラ検査を受けたワケ!その1

 

十二指腸潰瘍の痛みが右側にまで出てきているんでしょうか…?

 

一方でもし大腸に何か出来ていたとしても、血便が出ないのは不思議です、若干便秘だけども。。

 

・・・うーん、考えすぎですかね。素人判断でいくら考えても分かりません。

 

やっぱり何か悪いところが見つかると人間は不安になりますね。。

 

大げさかもしれないけど過去を振り返る

 

もし次の検査でも何か見つかったらどうしようか?という不安の威力は絶大です。

 

いつもはほとんど連絡を取らない姉に連絡を取ってみると、姉には「何か見つかった時は、見つかった時に考えればいい」と言われました。

 

他にも急に先祖のことを考えたり、東京に行ってる時にフラフラしてて大阪に帰るお金もなくて父方の祖母の死に際に戻れなかったこととか思い出しました。過去を振り返って、あの時こうすれば良かったのになぁ…とか後悔し始めました。

 

姉も僕と同じで母の子なので、ガン家系です。でも姉は「もしそうなったらお母さんからもらったと思って受け入れる」と言っていました。

 

僕は母のようにも姉のようにもそんな強くなれません。でも、不安が続くのは一番嫌なので今すぐにでも大腸カメラ検査をして欲しい!!

 

そもそも、もし病気なんだったら何で今会社に居るんだろう?って話になります。

 

会社に居る時間なんてどうでもいいから、今すぐ飛び出して検査を受けに行きたい!!安心したい!

 

ちょっと大げさですが、心配性なのでそれぐらいの気持ちまで高まってきました。

 

姉にLINEで話を聞いてもらって慰めてもらった後、「散々騒ぎ倒してこれでただの腸炎とかやったらゴメンやで!」というと笑っていました。

 

前日の朝からいよいよ食事制限開始

 

大腸カメラ検査の前日の朝、ここから僕の食事制限は始まります。

 

これが食事制限の参考パンフレットです。大腸カメラ検査前日のおすすめメニューが書いてあります。

 

12813-1024x576 僕が大腸カメラ検査を受けたワケ!その1

 

大腸カメラは大腸内に食べ物が残っていると正確な診断ができないようですね。大腸カメラ検査診断の邪魔になるのは食物繊維や脂肪分のようです。

 

いつもは意識して食べるようにしている野菜類もこの2日間は摂取しないようにしないといけません。

 

人間に限らず生物にとって生きてゆく為に極普通に摂取している食事、これを検査の為と言っても制限する(管理する)ことは、28年間生きてきて初めてだったので色々考えさせられます。

 

僕は多少お腹空いても我慢出来るタチ(朝昼抜いても耐えられる)なので、食べたいよ〜食べたいよ〜!というストレスよりかは、間違って一度食べてしまったら取り出すことできないから食べちゃいけない物(食物繊維や脂肪分)を食べちゃったらどうしよう!?という不安から来るストレスの方がありました。

 

2日間このパンフレットを眺めて食べるものに注意しました。正確な検査をしてもらいたいので、ここから外れない程度に食事を取って行きます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です