僕が胃カメラ検査を受けたワケ!その2

スポンサーリンク

 

こんばんは、サイハンです!

 

会社近くの病院で便秘の診断をされてからの話、それから3〜4ヶ月置きぐらいにやっぱりお腹が慢性的に痛くなったり、お腹が張るようになりました。

 

どうも便秘は続いていました。と思ったら急に催す時もあり、便秘と下痢を繰り返していました。

 

お腹に異変を感じたらただの便秘と思わずに

 

色々調べてみましたが、腹痛にも様々な原因があります。消化不良、胃炎、腸炎、大腸ポリープなど挙げ始めたらキリがありません。

 

大腸ポリープとは

引用:がん臨床研究 : JPS

 

何か原因があると思い、翌年2016年にも母が息を引き取った病院でCTを再受診、特に異常は見当たりませんでした。

 

神経質だとは思いますがあの便秘の一件から、毎年血液検査とCTを取るように心掛けていました。年間1万円程度で健康が維持できるならとても安いと思うからです。

 

検査結果としては毎年決まって異常なし、血液の数値等も全く問題がない状態が続きました。

 

ただ、今年の3月に入ってから、今度は身体の左脇腹から左下腹部に掛けてが痛い

 

屈んだりした時にも違和感があって、耐えれない程の痛みではありませんが慢性的に続く突っ張るようなキリキリした痛みに不安を覚えるようになってきました。

 

他にもどこか悪いんじゃないか?

 

そんな時、母が長年お世話になったお米屋さんのおばちゃんから、近くに有名な肛門科医があるというお話を聞きました。内視鏡検査をやっているお医者さんで、何度か大腸カメラの検査をしてみないかと本人も誘われていたらしいのです。

 

(よし、この先生に診てもらおう!)

 

その日にすぐ病院に行きました。流石に有名な病院なようで待合席がいっぱいです。番号札13番目ぐらいになって待ちました。

 

やっと呼ばれたら診察室に案内され、先生に詳しく話すと早速エコーを撮ることに。

 

ゼリー状の液体をお腹全体に塗ります。(ちょっと生暖かい)、そのゼリーを掃除用具のコロコロクリーナーみたいな道具で満遍なく伸ばし、今度はその上を滑らせて撮影していきます。

 

これが結構くすぐったくて、感じやすい人(?)にとっては脇腹付近をコロコロされるのはかなりの苦行。。

 

私も脇腹に差し掛かった時は笑そうになるのを歯を食いしばって耐えていました。すると。。

 

くすぐったいのはくすぐったいのですが、脇腹の深い部分にコロコロを押し当てられるとなんかザラザラする?!

 

やっぱり中になんか居る?

 

先生:「腎臓やな、、左右に複数の砂か石かある。」

 

数分後戻って来た女性の看護師さんが手に持っていた紙にはこう書いてありました。

 

腎臓結石の疑いあり

 

こいつか!俺を散々苦しめたやつは!!

 

続く・・

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です