旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

スポンサーリンク

 

こんにちは、サイハンです。理由があって改名しました。

 

昨年末までにAndroid 7.0へのアップデートが可能になる予定だったMoto G4 Plusですが、やっと今年に入ってからAndroid 7.0へのシステムアップデート通知が来たので、実際にソフトウェアアップデートしてみました!

 

アップデート前にアップデートされた方の話を聞くと、端末の動作が重くなったり、4Gを掴みにくくなる様子です。

 

4Gを掴みにくい症状は、プリインストールされているAPN設定を必要なもの以外全て削除すると、4Gが安定しました。

 

Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

この中の使わないAPN設定を削除してみる。

 

実は私がアップデートしたかった一番のキッカケは、Moto G4 PlusはAndroid 7.0以降でau VoLTEに対応する予定というモトローラ・モビリティの社長のセリフです。

 

2017年9月9日 追記

原因不明で、Moto G4 Plus側でau VoLTEが掴めなくなっています。他機種で確認したところ、au VoLTE SIMカードは読み込めたので端末側のソフトウェア的な問題だと考えられます。

 

日本で再起を図るMotorola――「Moto Z」や「Moto Mods」の反響は「極めて良かった」 (1/3)

ちなみに、Moto G4 Plusは、Nougat(Android 7.0)のアップデートで、VoLTEをサポートすることも検討しています。KDDI回線を使ったSIMカードのサポートもできるようにしていきます。

引用: ITmedia Mobile ー Moto G4 Plus

 

上記サイトの文中には、docomo、Softbank、Y!mobile系ネットワークのVoLTE対応には一切触れられていません。

 

やはり上記キャリア本家はauと比べて、まだ3G通信方式が主流な面が関係しているのでしょうか。

 

docomo、Softbank、Y!mobile系のSIMは基本的には4Gデータ通信も利用可能なMoto G4 Plusですが、発売された当初のAndroid OS 6.0.1だとau系のネットワークには未対応でした。

 

※上記キャリア本家のAndorid用SIMは、各々にIMEI制限が掛かっている場合もあるので、すべてのSIMカードの利用を保証するものではありません。

 

Android7.0にアップデートしてみた

 

早速端末をアップデートしてみましょう!

 

Moto G4 Plusのバッテリー残量が十分にあるのを確認してから、安定したWi-Fi環境に接続します。

 

『設定』アプリの一番下の『電話情報』を開いて、その一番上にある『システムアップデート』をタップします。

 

まず端末の中にアップデート用のソフトウェアをダウンロードしていきます。※Wi-Fi推奨です。

 

Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました! Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました! Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました! Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました! Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

 

ダウンロードが終わったら、今度はそのソフトウェアを使って端末自体をアップデートします。

 

Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました! Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

 

流れ的には、iOS端末のiPhoneをアップデートするのと同じ感じですね。

 

iPhoneだとiTunesと呼ばれるソフトとWi-Fiを使って、アップデート用のソフトウェアをPCのローカル上にダウンロードしてから、端末のアップデートを掛けることになります。

 

時間はトータルで、大体30分程掛かりました。

 

しばらく待って、無事Moto G4 PlusをAndroid 7.0にアップデート完了です!

 

au VoLTE SIMでセルスタンバイ対策

 

アップデートすると、端末起動時の挙動がかなり華やかになっています。

 

Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

 

正直、バッテリーの減りに影響しないのか心配ですね。

 

アップデート後にmineoのau VoLTE対応SIMをMoto G4 Plusに挿入してみると、4Gデータ通信が使用可能でした。※auのGRATINA2の3G SIMも試してみましたが、こちらは案の定通信不可でした。

 

2017年9月9日 追記

私のブログをご覧頂いた方からご指摘を頂き、再度Moto G4 Plusでau VoLTE SIMカードを試したところ、電波が拾えなくなっていた事が判明しました。

 

Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

docomo3Gとmineo4GのDSDS

 

au系MVNOはmineo、UQmobile、IIJmioの3社ありますが、3GBデータ通信専用プランの月額最低料金はmineoとIIJmioの税込974円です。

 

mineoは無料でSMSオプションを選択することができますし、IIJmioは元々SMS機能が付いています。

 

Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

mineoのSMSオプションは自分で選択する必要あり!

 

Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

 

UQmobileも元々SMS機能が付いていますが、mineoとIIJmioより月額料金が若干高めです。(税込1,060円)

 

やはりauと密な関係にあるMVNOキャリアだからでしょうか。。

 

私は最近までIIJmioのタイプDを使用していたのですが、昨年末ぐらいから急に通信速度が遅くなり、普段利用にも支障が出てきたので思い切って解約しました。

 

2年以上使用しましたが、2年前はもっと通信速度が早かったような気がします。速度が遅くなった理由はやはり、格安SIMが徐々に一般的になってきてユーザーが増えたからかもしれません。

 

mineoのAプランは私の日々の移動範囲だと申し分ない通信速度が出ています。

 

Zenfone3(ZE520KL、ZS550KL)とMoto G4 PlusのいずれかのDSDSスマホをお使いで、セルスタンバイ問題によるバッテリーの減りが気になる方の場合は、docomo系格安SIMではなくau系格安SIMでのデータ通信運用をお勧めします。

 

なぜなら、上記の通りau系格安SIMだとSMS機能がデフォルトで付いてる or 無料で追加できるので、docomo系格安SIMと違って余分な月額費用をプラスせずにセルスタンバイ対策ができるからです。

 

私の場合は、1枚のmineoのVoLTE対応SIMをZenfone3とMoto G4 Plusに差し替えて使っています。

 

これで国内DSDSスマホの中で極めて数が少ないau VoLTE対応機種が、Zenfone3シリーズの一部機種(ZE520KL、ZS550KL)に続いてまた1つ増えました。

 

Zenfone3シリーズよりもMoto G4 Plusの方が発売自体は早かったですが、国内の技適通過DSDSスマホで言えば3番目のau VoLTE対応端末となります。

 

中学からの同級生が遂にDSDSスマホデビュー!

 

話は変わりますが、私の中学時代からの同級生が遂にDSDSスマホデビューしました!

 

彼がつい1年程前までSoftbankで契約しているiPhone5をメインで使っていた時ぐらいから、色々と相談に乗っていました。

 

彼も今はある意味スマートなモバイルライフスタイルを送っています。

 

Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

梅田のヨドバシカメラでMoto G4 Plusを一括購入して封を切る友人

 

iPhone5を使っていた時は、月々の支払いは大体8,000円前後ぐらいだったそうです。

 

しかも7GB高速通信制限でこの金額なので、今の格安SIMと比較しても普通にボッタクリですよね〜。

 

iPhone5のバッテリーの持ちが悪くなってきた時、自分でAmazonで怪しげなバッテリーを購入して交換したらしいです。笑

 

※国内技適マークが付与されている端末を分解して無線機能を使用する行為は技適表示除去義務違反にあたり、国内電波法違反となる可能性がありますので、絶対にしないでください。

 

Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

 

その後、一時的にバッテリーが安定したと言っていたのですが、やっぱりダメみたいですね。笑

 

結局、私は彼に本格的にモバイルライフスタイルを変える事を勧めました。

 

今までずっとこうだった!事を変えるのは不安

 

今までずっとこうだったからなぁ〜…だから今までもこれからもずっとそのままさ!

 

という事、たくさんありませんか?私はあります。

 

でも同時にずっと全て同じが必ずしも良い事だとは限らないとも思っています。

 

もちろん変えないで良い事もありますし、変えて良かった事もあります。

 

じゃあ、変えるべきか、変えないべきか…どっちが良いのか?

 

それだけは悩んでいても始まらないので、実際に変えてみた時のメリットとデメリットを想像してみましょう!

 

私の友人の場合だと、

 

Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

 

端末はSoftbank版iPhone5のお古で色々ガタが来ているそうです。(端末残割賦金は完済)

 

契約はSoftbankの2年契約縛りで、全くスマホを使用しなくても月々8,000円前後の支払いが来る状態です。

 

Softbank版のiPhoneは、今年の3月22日以降に日本通信のSoftbank格安SIMが発売されることになれば多少使い道はありますが、ガタが来ている以上は今後ずっとの使用は厳しいかもしれません。

 

端末も契約体系もボロボロです。。でも辛うじてツイてると思ったのは彼が契約期間(2年契約縛り)をある程度把握していた事です。

 

端末が長く使えなければ、契約も意味を為しません。

 

例えば、愛用のスマホを使っていてある日水没したと。。

 

それからそのスマホで使えなくなったら、今までずっと使ってきた自分の電話番号は使えなくなる!とか言いながら、全く使用しないのに大人しくキャリア本家に月々の高額料金を支払う…なんてそんな馬鹿な事をする人は居ませんよね?笑

 

使用環境によってはスマホは水没したり故障するものです!(よく飲み会に行く人とか?色々偏見ですが笑)

 

もちろん街中のキャリアショップに行っても電話番号を変えずに端末の機種変更はできます。(キャリアショップで働いている店員さんにとっても、客から『スマホが使えない間の損失をどうにかしろよ!』なんて言われたらただただ迷惑極まりないでしょうし)

 

だから、端末と契約は全くの別物なので、両方共切り離して考えれば融通が利きます。

 

しかし端末代金をローン化してそれに月々の割引という旨味をくっ付けて、縛りを設けてしまうキャリア本家の戦法はとても賢いです。

 

そこで私の友人が使っていたiPhone5。これは残割賦金も残っていませんし、そろそろもう切り捨てましょう。

 

ちょっと自宅のWi-Fiとかに繋いでたまにスマホゲームをするとか、その程度の存在にしましょう。

 

自身で操作していて、なんか動作が鈍いなぁ…とか感じ始めた時点で型落ちなのは決まりです。

 

Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

 

もっとあなたに合う新しいスマホが出てきていますよ。きっと…

 

次は契約です。

 

日本の法律の中には、docomo、au、Softbankの3大キャリアでわざわざ通信契約してやる義務は、一文たりともありません。

 

どこの通信会社で契約してもいい!という事実しかありません。

 

それなら、この機会に色々探してみましょう!

 

どこで契約するのが月々の料金が安いのか?

 

どこで契約するのが自分がやり易いのか?

 

自分の好み、使用用途に合ったプランを出しているのはどこの通信会社なのか?

 

Screenshot_20170203-234702-169x300 旧友がMoto G4 PlusでDSDSスマホデビューしました!

 

自分に合うのであれば、完全に脱キャリアしなくてもいいし、キャリア本家に残留しても国内2SIMが運用できるDSDSスマホが出てきている今の時代です。auキャリアを除いて言えばどうにでもなります。

 

格安SIMの通話プランも1年縛りがスタンダードです。ただでさえキャリア本家より契約期間は短いですし、気軽に契約もできます。

 

そう考えると、もっとモバイルライフスタイルを気楽に考えることができませんか?

 

話を戻しましょう。

 

私の友人はまず、iPhone5は家のゴミ箱に捨てました。!!

 

というのは冗談冗談(笑)

 

iPhone5の契約をガラケープランに契約変更(銀SIM化)して、ガラケーの基本料金(税込1,010円〜)だけを毎月支払うだけで済む状態にしました。

 

正直言うと、他のキャリア本家のガラケーにMNPすればもっと安く運用できましたが、彼は母親と無料でSMSをする為にSoftbank残留を選びました。

 

これは間違いだとは思いません。

 

おそらく母親とはSMSだけでなく電話もよくするのでしょう。それならその分を見越して無料にできるところを無料にする選択をしたのは正解です。

 

で昔のEMOBILEのGL01Pの白ロムを持っていたので、そこに入れる格安SIMを決めました。

 

彼は格安SIMの月額支払いは、クレジットカード決済が嫌でどうしても口座振替が良いという自分なりの希望があったので、OCNモバイルONEにしました。

 

その後、少しの間はGL01Pのテザリング機能を使ってiPhone5の白ロムでネットしていたのですが、最近とうとうMoto G4 Plusを購入しました。

 

初めはiPhone5の1台持ちだった彼が、流石に月8,000円のキャリア請求には納得できなくて、一時はガラケーとiPhone5とGL01Pの3台持ちに。

 

でもそれも利便性に欠けるのでSIMフリー端末を購入してそこに格安SIMを挿して2台持ちに。

 

その購入した端末は今後の事も考慮してのDSDSスマホなので、次はDSDSスマホ1台に2つの通信契約をまとめて、これからは利便性&費用面共にキャリアスマホ1台運用を凌ぐオリジナルスマホ1台運用に向かっています。

 

月額費用としては、SoftbankガラケーSIMのホワイトプラン(税込1,010円)+OCNモバイルONEのデータ通信専用SIMの高速通信1日あたり110MBプラン(税込974円)=税込1,984円。

 

かつてのiPhone5を運用していた4分の1の以下の月額料金で本当に電話もデータ通信も格安に運用できています。

 

実際にここまで変わると、やっぱり変えてみて良かったと言ってもらえて勧めた側の私としても嬉しかったです。

 

Moto G4 Plusに限らずですが、SIMフリースマホを使ってスマホ代を節約するのには、少しの知識と少しの勇気があればできます。

 

このブログをご覧の皆さんもちょっと勇気を出して。まずは格安SIMについて調べてみることから始めてみてください!

 

※文中の月額通信金額に含まれるユニバーサルサービス料金は変動する可能性があります。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 初めまして、記事を参考にuqモバイルマルチsim、データ無制限を契約しmotog4Plusをヌガーにして指して見たところ認識してくれません、APNもしたのですが…

    • コメントいただきましてありがとうございます。私自身今Moto G4で試してみたのですが、同じく拾えなくなっていました。。(一瞬4Gを掴んで掴めなく症状)一時期は確かにau VoLTEを掴めてはいましたが、本当ですね。。記事を書きなおします。申し訳ありませんでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です