docomoの3GガラホSIMはDSDSスマホでも運用できるのか?この際、3Gガラホもデビューしてみた結果、3G完全停波までは3GガラホSIMでDSDSが可能だと判明!

スポンサーリンク

 

こんにちは!セキタンです!

 

auの3Gガラケーを他のキャリア本家の3GガラケーにMNPしようと考えていましたが、残念ながら関西地区のMNPのお得情報は少ないです。

 

関東はまだまだおアツいようで3Gガラケーが新規やMNPでお得に手に入るので羨ましい限りですが、その為に関東まで行くのはとても無理です。。

 

今回も、私と同じように関西在住でauの3Gガラケーを今後どう運用しようかお考えの方と同じ立場に立って、運用方法を考えてみようと思います。

 

 docomoの3Gガラケーへ

 

docomoの3Gガラケーは、関西で言うとdocomoショップ神戸三宮さんプラザ店で昨年末まで一括0円キャンペーンをやっていたようですが、今年に入ってからは終了しているようです。(2月3日 追記)数量限定でN-01GやらくらくホンF-01Gの新規&MNP一括0円実施中のようです!

 

また、GALAXYS7 edgeやXPERIA J1 Compactなどのスマホも一括0円となっているようです。

 

 

このお店では、2年前の8月にdocomoの3GガラケーP-01Gを一括0円で購入、月々サポート有りで月々2〜3円で2年間運用中です。

 

今でこそ一括0円で月額税込2〜3円運用はできなくなりました。(月々サポート減額の為)

 

月々サポートの金額にもよりますが、それでも案件がある限り、格安運用はまだ可能です。

 

こちらのdocomoショップでN-01Gを一括0円で新規 or MNP契約した時の月額運用料金は、2年契約のタイプSSバリュー(税込1,008円)ー月々サポート(税込864円)+ユニバーサルサービス料(2円)=146円になると考えられます。

 

このSIMカードをそのままDSDSスマホに挿してMVNOの格安SIMとデュアルスタンバイ、2年間の格安維持費スマホの出来上がりです!

 

関西地区でこういった案件はもともと少ないのですが、2020年の3G停波の流れに向けてなのか、近頃は特に少なくなってきています。

 

いよいよau3Gガラケーの契約更新月期間の1ヶ月が過ぎてしまいます。残り1ヶ月間でどうするか決める必要があります。

 

 docomoの3Gガラホへ

 

この機会に、docomoの3Gガラホにも目を向けてみました。

 

docomoのオンラインショップで見てみると、3Gガラホ機種(2015年夏モデルのSH-06G、F-05E)の2機種は機種変更、新規、MNP問わず、一括648円→0円で端末購入が可能です。(2017年2月5日時点)

※現在、予約制になっていますのでご注意ください。

 

-2017-02-05-11.33.18-251x300 docomoの3GガラホSIMはDSDSスマホでも運用できるのか?この際、3Gガラホもデビューしてみた結果、3G完全停波までは3GガラホSIMでDSDSが可能だと判明!

F-05G

-2017-02-05-11.33.18-251x300 docomoの3GガラホSIMはDSDSスマホでも運用できるのか?この際、3Gガラホもデビューしてみた結果、3G完全停波までは3GガラホSIMでDSDSが可能だと判明!

SH-06G

 

docomoの3Gガラホでも、3Gガラケーと同様のFOMAプランを選択して契約&購入することは可能です。

 

DSDSスマホをお使いの方からすれば、一番の問題は果たしてdocomoの3GガラホSIMをDSDSスマホに挿入して、デュアルスタンバイ運用ができるものなのかというところですね。

 

3GガラホSIMを最低料金で2年運用する場合でも、タイプSSバリュー(月額税込1,008円)の音声通話のみの契約が最低限必要です。

 

docomoの3Gガラホが前々からどうしても欲しかったという方からすれば、端末は一括0円で購入できるのでお得です。

 

しかし、上記2機種は端末購入サポートが付く代わりに月々サポートが1円も付きませんので、税込1,008円〜の月額基本料金は支払い確定となります。

 

そう考えると、新規&MNPで3Gガラホが欲しい方の場合はdocomoでならどちらの3Gガラホを購入しても月額料金を始め、条件は同じです。

 

注意したい点としては、SH-06GとF-05Eは端末購入サポート適用で一括0円なので、最低1年間の適用条件(機種の継続利用および基本使用料割引サービスの継続契約)を満たさないと、税込17,280円の違約金が発生します。

 

1年過ぎたら2年契約前提の違約金(税込10,260円)以外は端末の残割賦もありませんし、月々の使用料金だけですので気が楽ですね。

 

端末持ち込みMNPという技

 

Softbankで3Gスマホを契約していた際に、中古でSoftbankの3Gガラケー103Pを購入して端末を持ち込み機種変更をしたこと(銀SIM化と言われる)がありますが、端末を持ち込んでSIMカードを発行してもらう(契約する)のはMNPの際にも使える手法のようですね。

 

例:今auの3Gガラケーを契約利用中→これからSoftbankやdocomoの3Gガラケーを契約したい→そして家にSoftbankやdocomoのガラケーの白ロムだけある→auでMNP予約番号を発行してもらって、MNPしたいキャリア本家の白ロムをMNPしたいキャリア本家のショップに持ち込んで端末持ち込みMNP!

 

この方法は、月額料金を抑えるのが目的であれば全くお勧めできません。

 

なぜなら持ち込み端末にはもちろん故障時の保証は付けられないですし、新端末購入を伴わない新規契約はひとりでも割50またはファミ割MAX50によるバリュープラン適用(基本使用料が50%OFF)にはならない為です。

 

つまり2年契約でも、月額料金がタイプSSバリューなら税込1,008円→税込2,013円も掛かるので、非常に割高な契約方法ですね。

 

-2017-02-05-11.33.18-251x300 docomoの3GガラホSIMはDSDSスマホでも運用できるのか?この際、3Gガラホもデビューしてみた結果、3G完全停波までは3GガラホSIMでDSDSが可能だと判明!

docomo公式サイトからお借りしました。

 

しかし今後、キャリア本家の3Gガラケーの新規契約販売が完全に終了して、どうしても3Gガラケーがまだ使いたいという方の場合はおそらく上記の方法しか残らないでしょう。

 

DSDSスマホユーザーから見て一番大切なのは?

 

DSDSスマホユーザーにとって言えば、3G用ガラホSIM(通話専用プラン)がDSDSスマホで使えるのか?そこが一番気になるところだと思います!

 

そこで、今回は実際にちょうど2ヶ月間の更新期間中のau3GガラケーからのMNPでdocomoの3Gガラホをdocomoオンラインショップで契約してみました。

 

さて、docomoオンラインショップで注文した3Gガラホが届いたので、早速DSDSスマホで使えるか試してみましょう。

 

3GガラホSIMでデュアルスタンバッてみた

 

docomoの3GガラホSIMをIIJmioの4Gデータ通信専用SIMと一緒に、Moto G4 Plusに挿入してみます。

 

一瞬3Gが立ったり、SIMの認識はありましたが、時間を置いてアンテナピクトが中抜きに。。

 

あれ、もしかして拾えない?

 

ただの人柱か?笑

 

docomoの3GガラホSIMはDSDS機では使えないのかなぁ〜。。

 

機内モードに入れてもダメ。念の為、再起動もしてみます。

 

それでもダメ。。

 

それから何分か格闘して、無事電波を拾いました!!※3G SIMの時はアンテナピクトの横に3G表示が出ましたが、3GガラホSIMの場合はアンテナピクトが立つだけで何も表示されません。(2月5日 追記)Android OS6.0.1の時はアンテナピクトの横の3Gの表記がデュアルスタンバイ時に出ていましたが、どうやらAndroid 7.0 Nougat以降は通話中しか3Gの文字は表示されないようです。

 

-2017-02-05-11.33.18-251x300 docomoの3GガラホSIMはDSDSスマホでも運用できるのか?この際、3Gガラホもデビューしてみた結果、3G完全停波までは3GガラホSIMでDSDSが可能だと判明!-2017-02-05-11.33.18-251x300 docomoの3GガラホSIMはDSDSスマホでも運用できるのか?この際、3Gガラホもデビューしてみた結果、3G完全停波までは3GガラホSIMでDSDSが可能だと判明!-2017-02-05-11.33.18-251x300 docomoの3GガラホSIMはDSDSスマホでも運用できるのか?この際、3Gガラホもデビューしてみた結果、3G完全停波までは3GガラホSIMでDSDSが可能だと判明! -2017-02-05-11.33.18-251x300 docomoの3GガラホSIMはDSDSスマホでも運用できるのか?この際、3Gガラホもデビューしてみた結果、3G完全停波までは3GガラホSIMでDSDSが可能だと判明!-2017-02-05-11.33.18-251x300 docomoの3GガラホSIMはDSDSスマホでも運用できるのか?この際、3Gガラホもデビューしてみた結果、3G完全停波までは3GガラホSIMでDSDSが可能だと判明!

 

というわけで、DSDSスマホ側でSIMカードの設定(4G方式と3G方式の固定)だけちゃんと設定さえすれば、3GガラホSIMも3Gガラケーと同じ料金体系(FOMAプラン)で、同じようにDSDSスマホでデュアルスタンバイもできるわけです。

 

もちろん3GガラケーSIMでデュアルスタンバイした時と同じく、3GガラホSIMを用いたデュアルスタンバイでも音声通話中のデータ通信はできませんでした。

 

どうやら、3GガラケーSIMだけがキャリア本家の格安通話プラン運用の最後の砦ではなさそうです。

 

docomo 3Gガラケーの販売が完全に終了しても、3Gが完全に停波するまではdocomo 3Gガラホを契約&購入すれば、docomo 3GガラホSIMをDSDSスマホに挿し替えて格安DSDS運用はできます!

 

Zenfone3(ZE520KL)でも問題なく4G VoLTE mineoAプラン データ通信専用SIM(SMSオプション付)とdocomo 3GガラホSIMでデュアルスタンバイができ、docomo3G方式での発着信にも成功しました。※mineoのSIMはスロット1に要挿入です。

 

-2017-02-05-11.33.18-251x300 docomoの3GガラホSIMはDSDSスマホでも運用できるのか?この際、3Gガラホもデビューしてみた結果、3G完全停波までは3GガラホSIMでDSDSが可能だと判明! -2017-02-05-11.33.18-251x300 docomoの3GガラホSIMはDSDSスマホでも運用できるのか?この際、3Gガラホもデビューしてみた結果、3G完全停波までは3GガラホSIMでDSDSが可能だと判明! -2017-02-05-11.33.18-251x300 docomoの3GガラホSIMはDSDSスマホでも運用できるのか?この際、3Gガラホもデビューしてみた結果、3G完全停波までは3GガラホSIMでDSDSが可能だと判明!

 

 

3GガラケーSIMか3GガラホSIMか?

 

docomoの3GガラケーSIMでもdocomoの3GガラホSIMでも、同様の通話プランでのDSDS運用が可能なSIMであることはお分かり頂けたと思います。

 

結論どっちで運用したらいいのか?どっちでも構いません。3Gが停波するまでどちらのSIMで運用してもDSDS運用はできます。

 

ただし、近場に3Gガラケーの一括0円案件がある方の場合は、迷わずそちらで契約しましょう。※お店の条件にもよると思いますが少なからず月々サポートが付くのでより安く通話プランのみを運用できます。

 

関西地方にお住いの方など、私のように近場に一括0円案件が少ない場合は、docomoオンラインショップで3Gガラホを一括0円で契約しましょう。店頭に買いに行く手間も省けますし、ネットで購入しても端末は一括0円です。月々サポートは付きませんが、高額なキャリアスマホを通信契約するよりはマシです。

 

DSDSの為に通話プランだけが欲しい場合は、docomoオンラインショップの契約画面でSPモードのチェックボックスのチェックは必ず外しましょう。

 

3Gガラホもキャリア本家スマートフォンの1つです。キャリアスマホで一番注意しないといけないのは月額パケット通信料の高さです。

 

パケット通信料が青天井まで上がると非常に危険です。一瞬で格安SIM数枚の月額料金分が吹っ飛びます。

 

そもそもパケットプランが要らない方は全て外して、くれぐれもパケット通信料が発生しないよう十分注意してください。

 

以上を駆使して、3GガラホSIMを使って格安DSDSスマホライフを目指しましょう!それでは!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です