目の前の3万円を失う事なんてなんてこと無い。それよりも尊い命を失う事の方が恐いと感じることができるか。このブログを読んでくれる方にも人生最大の後悔をしないで欲しい。

スポンサーリンク

 

こんにちは、セキタンです。

 

少し朝晩肌寒くなってきましたね。

 

今日は6時に目が覚めました。

 

それも涙を浮かべて目が覚めました。

 

私事ですが、今年の初めに母を亡くしました。まだ若かったのですが。

 

「ごめん、お母さん」

 

こう言って今朝私は目覚めました。

 

なんでかって言うと、私はすごく後悔してたからです。

 

その言葉を自分の母に言えなかったからです。

 

子供って自分の親と上手く折り合いが付かなくて、反発してしまったり、喧嘩してしまったりすると思います。

 

私もそうです。

 

そんな大きな反抗期なんてなかったし、親も然程大変では無かったかもしれません。

 

それでもきっと何かしらの迷惑を掛けてたと思います。

 

母の最後を看取る事が出来たのは本当に良かったと思います。

 

世の中にはそれが出来なくて別れてしまったまま、という方もたくさんいらっしゃると思うからです。

 

「お母さん、ありがとう」と伝える事が出来て本当に良かったと思います。

 

でも、「お母さん、ごめんね、色々迷惑掛けて」と伝える事が出来なかったのは、私の人生で最大の後悔だと思っています。

 

私が言えなかった理由

 

私がこのセリフを母に言えなかったのは、今はまだその時じゃないとか、まだきっと伝える機会があるとか、そういう甘えが自分にあったからだと思います。

 

なんか照れくさくて、面と向かって言えないよ、そんな気持ちがあったからでしょう。

 

まだ、ご両親が元気な方も、いざという時に伝えたい言葉は考えておきましょう。

 

なぜなら、私と同じような後悔を他の人にして欲しくないからです。

 

今までいっぱい助けて貰った事に感謝できて良かった反面、たくさん迷惑を掛けてしまった事を謝る事が出来なかったのは本当に残念で仕方ありません。

 

それも、もう二度と言えないからです。

 

これは人生において、どんな事にも共通している気がします。

 

『今はまだその時じゃない』

 

これはきっと、今がその時です。

 

私と同じような後悔をしないでください。

 

目の前の3万円を失っても、生きてる限りはまた3万円を取り返すチャンスは巡ってきます。

 

でも、人生のチャンスは一度限りかもしれません。

 

やりたいことを全力でやる

 

後悔したくなければ、その時を大切に過ごして、伝えたい相手にちゃんと伝えたいことを伝えましょう。

 

そして、その時に自分が本当にやりたいと思うことを本気で取り組みましょう。

 

私は、人生でこれ以上の後悔をすることは多分もうないと思いますが、後悔しないように日々生きていきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です