APPLE STOREでiPad mini3は本体交換できるのか?実際に持って行って本体交換の手順を確かめてみたよ!

スポンサーリンク

 

アンニョン、セキタンです!

 

先日、友人から譲って貰ったSoftbank版のiPad mini3を修理しにApple Storeへ行ってきました!

 

平日でもiPhone7と7 Plusの影響もあってか、相変わらずの混み具合のApple Store心斎橋店でした。※写真は開店前のもの。

 

20161001112005-1024x956 APPLE STOREでiPad mini3は本体交換できるのか?実際に持って行って本体交換の手順を確かめてみたよ!

 

今回はiPad mini3を持っている友人が端末がもう壊れかけてるから新しいiPadを買うらしく、欲しいならあげると言われたので遠慮なく頂きました!

 

20161001112005-1024x956 APPLE STOREでiPad mini3は本体交換できるのか?実際に持って行って本体交換の手順を確かめてみたよ!

 

なるほど壊れかけてる… 

 

てか、本当に指紋認証機能壊れてんじゃん!笑

 

ホームボタン周りの割れが大きいからなのか、指紋認証(Touch ID)が登録できません。

 

でもホームボタンはなんとか効いています。

 

譲ってもらったとは言え、ガラスも指に刺さるし、このまま使うのはさすがに厳しいので、早速Apple Storeへ。

 

度々Apple Storeにはお世話になってますが、今回の依頼はこのiPad mini3を直してもらうことです。

 

ディスプレイの割れはともかく、指紋認証機能は直せるのでしょうか?

 

直せるのであれば、どれくらいの時間で可能なのか、訊いてみました。

 

iPadは修理できない(やってない?)

 

いつも通り予約を取ったGenius Barに並んで、オペレーターの対応を受けます。

 

ディスプレイが割れて、指紋認証機能も使えないので直して欲しいと伝えます。すると、

 

「修理はできないので本体丸ごとに交換になりますが、宜しいでしょうか?」と言われました。

 

iPhoneだと即日修理してもらったと友人が言っていたのですが、iPadは修理自体が無理みたいですね。

 

相当複雑なんでしょう。 当日来店分を1台1台修理していたら、あのApple Storeの行列は捌けませんよね。。

 

Genius Barでやっていることは意外と単純?

 

Genius Barでオペレーターがやっていることは、

 

①修理対応可能か(修理可能か、本体交換対応になる端末かの判別)

 

②保証対応可能か(顧客が保証サービスに入っている端末か否かの判別)

 

③対応が有償になるのであれば、現金かクレジットカードで決済して⑤へ

 

④対応が無償になるのであれば、そのまま⑤へ

 

⑤顧客に修理後の端末 or 本体交換後の端末を渡して対応終了 の流れのようです。

 

私の場合は

 

①iPad mini3は修理自体ができない端末なので、本体交換になる(IMEIが変わる)

 

②友人から譲り受けたものなので、友人がAppleやSoftbankの保証サービスに入っているかに依る(結果的に友人は保証サービスに入っていませんでした)

 

③有償対応なので税込31,752円を支払う。高額なのでクレカ一括支払いで楽天ポイントもゲット!

 

⑤本体交換してもらったmini3の動作チェックをしてから無事受け取り完了! 

 

対応を受けた当日は平日の14時過ぎでしたが、なかなかの混み具合で待ち時間も合わせて所要時間は40分ぐらいでした。でも無事交換できて本当に良かったです。

 

20161001112005-1024x956 APPLE STOREでiPad mini3は本体交換できるのか?実際に持って行って本体交換の手順を確かめてみたよ!

 

mini3の実勢価格はどの程度なのか?

 

今回上記の価格で本体交換できたiPad mini3は、Softbank版のCelluar + Wi-Fiモデル(SIMカードが入るやつ) 64GBのスペースグレイでしたが、果たして現在の実勢価格はどの程度のものなのでしょうか?

 

ヤフオクで見てみると、現在1件しか出品されていません。

 

これだとイマイチ実勢価格が分かりませんね。3万円台で新品同様。

 

Wi-Fiモデルオンリーのmini3の64GBはいっぱいありますね。

 

価格ドットコムで見ると、mini3のWi-Fiモデルでも最安価格で3万7千円台です。

 

もうキャリア版のiPad mini3は希少なようです。

 

なんとキャリア版だけでなく、Apple Storeで販売しているSIMフリー版も希少みたいですね。

 

なぜならmini3はAppleの公式サイト上ではもう掲載自体されていないからです。

 

20161001112005-1024x956 APPLE STOREでiPad mini3は本体交換できるのか?実際に持って行って本体交換の手順を確かめてみたよ!

 

 mini2の方が一世代前の端末なのにどうしてmini3が掲載されていないんでしょうか?

 

これはどうやらmini2とmini3は指紋認証機能以外に機能面で大きな違いがないので、同社製品が競合することのないように、mini3をラインナップから消している可能性があります。

 

Apple自体のmini2の在庫が無くなれば、今後mini3がAppleの公式サイトにラインナップされる可能性は十分にありますね。

 

しかし、公式サイトにラインナップされていなくても、壊れたキャリア版のmini3をApple Storeに持っていくと、ちゃんと同じキャリア版のmini3に本体交換してくれます。※そのアップルストアの在庫数にも依ります。

 

ボロボロの端末でも割安で新品に

 

つまり、私が持って行ったiPad mini3のように画面がバキバキで指紋認証機能が使えないボロボロの端末でも、多少のお金さえ支払えば新品※に交換してくれます。

 

※アップルのオペレーターに聞いたところ、通常販売されている新品と比較して生産ラインが違うだけらしいので、限りなく新品に近いと思います。

 

これってかなり良くないですか?

 

そして、スムーズに本体交換してもらう為に注意するべきことは1つだけ。

 

iPadの設定アプリからiCloudの設定に入って、『iPadを探す』の機能をオフにしましょう。

 

20161001112005-1024x956 APPLE STOREでiPad mini3は本体交換できるのか?実際に持って行って本体交換の手順を確かめてみたよ!

 

この設定がオンになっている端末を初期化(復元)した時に、アクティベーションロックと言われる端末利用制限が掛かります。

 

端末のパスコードロックのナンバーを忘れた時や、リカバリーモードと言われる状態になってしまった時に端末自体の初期化(復元)が必要になります。

 

これを行うと上記アクティベーションロックが掛かり、端末に元々設定されていたApple IDとそのパスワードが求められます。

 

端末にアクティベーションロックが掛かっていると、メーカーのAppleとしても本体交換を受け付けてくれません。※端末割賦金の未払い等による大手通信キャリアの通信利用制限とは別物の制限です。

 

正確なApple IDとそのパスワードを打ち込めば、問題ありません。

 

しかし、正確なこれら2つが分からないとなると、端末のアクティベーションロックを解除することが出来ません(端末として使えません、俗に言う文鎮化)ので、Appleでも本体交換ができません。

 

客観的に見ると、このiPadに掛けられたApple IDとそのパスワードが分からないということは、この持ち込んだ人のiPadじゃないかもしれない可能性が出てくるからです。

 

もしかしたら盗難されたものかもしれないですし、そうじゃないとしても拾得物かもしれないわけです。

 

このiPadの本当の持ち主が困っているかもしれないですし、本当の持ち主が掛けているこの端末の保証サービスを拾得者が勝手に使えてしまったら大変なことですよね。

 

Apple側としても、こういった端末を簡単に本体交換するわけにはいきません。

 

Appleはどこで判断している?

 

Apple Storeに行って毎回感じる事は、来店者とその持ち込まれた端末の購入者を照合するような作業は全くありません。つまり来店者の本人確認は行わないんですね。

 

ただし、持ち込み端末のiPhone(iPad)を探す機能がオンになっている場合は来店者に解除させます。これがいわゆる本人確認に当たります。

 

ただそれだけです。

 

つまり、Genius Barの予約が出来て(ネット環境があって)、iPadを探す機能がオフになっている端末を持って行く事が出来る人なら、友人から譲ってもらった端末であっても本体交換は出来ます!

 

正規で新品の端末を購入するより、本体交換してもらった方がやっぱり安いです。

 

周りに使い古したiPhoneやiPadを持っている人が居れば、譲ってもらうと割安で新品に本体交換できるかもしれませんね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です