ポケモンGOの専用スマホ&スマホプランとは?メインスマホ1台でポケモンGOする為に最適なスマホ通信環境を考えてみた結果!

スポンサーリンク

こんにちは!セキタンです!

巷で流行りのポケモンGO、皆さんもやってますか?

 

現実世界で自分が歩き回ると、GPS(全地球測位システム)を使ってゲーム上でポケモンと出会うことができます。

 

現実世界(リアル)と仮想世界(ゲーム上)をリンクさせた今回のゲームは、今までのポケモンと違い、思った以上にのめり込んでしまうユーザーが多いのだとか。

 

配信から1ヶ月経った今更、これから始めようかな!?なんて思っている私です。

 

さて、ポケモンGOはゲームとして非常に面白いですが、スマホでやるにあたってバッテリーの消耗とデータ通信量の消費が並大抵ではないのが玉に瑕です。

 

「できれば、もっとこの二つの制限を快適にして、ポケモンGOにのめり込みたい!!」

 

そんなユーザーの声が聞こえてきそうですね。

 

そんな声を反映してか、ポケモンGOの配信後にMVNO(格安SIM)各社からポケモンGOのデータ通信料を無料化にする動きが出てきています。

 

フリービットのDTI SIM ノーカウント(β版)

-2016-08-20-21.11.25-300x225 ポケモンGOの専用スマホ&スマホプランとは?メインスマホ1台でポケモンGOする為に最適なスマホ通信環境を考えてみた結果!

 

今年秋にリリース予定、フリービットによるポケモンGO向け格安SIMのβ版です。

 

β版の月々の高速通信量は5GB、これにチャージ分の5GBを合わせて、合計10GB分にできます。

 

しかし、このSIMはβ版のままだとポケモンGOの通信量が全然ノーカウントではありません。データ通信量の消耗は他のアプリと同じで発生します。

 

-2016-08-20-21.11.25-300x225 ポケモンGOの専用スマホ&スマホプランとは?メインスマホ1台でポケモンGOする為に最適なスマホ通信環境を考えてみた結果!

 

今秋サービス提供予定のDTI SIM ノーカウント(正式版)が始まってそっちに移行すれば、ポケモンGOの通信量(料)はサービス名称通りノーカウントになる予定です。(ノーカウントの期間は1年間)

 

β版を契約するメリットとしては、追加で5GBの高速通信容量のチャージが無料で付くところですね。

 

上記のデータ通信専用SIM(5GB)だと、月額税込1,317円なので、高速通信1GBあたり263円です。

 

結構安いですね!これに更に5GBの無料チャージが付くので、実質は高速通信1GB分が131円レベルの安さです。

 

上記10GBが格安運用できるのも正式版が出る移行期間までの僅かな時間ですが、正式版が出るのが長引けば長引く程、これはおトクかもしれません。

 

データ通信専用SIMなら契約解除料は掛からず、いつでも無料で解約できる点も便利ですね。

 

β版の高速通信量は、ポケモンGO以外のデータ通信も対象なので、ポケモンGOを全くやらない人が高速通信容量10GBを得る為に契約してみるのも全然アリだと思います。

 

セルスタンバイ問題が気になる方は、+150円でSMS機能付きSIMカードに変更できます。

 

また、音声通話オプションを付けると12ヶ月の契約縛りが発生しますが、データ通信と通話を1枚のSIMカードにまとめることも可能です。※音声プラン契約の場合は、特典として下記DTIの特製モバイルバッテリーが貰えます。

 

-2016-08-20-21.11.25-300x225 ポケモンGOの専用スマホ&スマホプランとは?メインスマホ1台でポケモンGOする為に最適なスマホ通信環境を考えてみた結果!

 

音声プランの契約をした後、音声プランからデータ専用プランに契約変更する場合や、契約自体の解除には税込10,584円の音声プラン解除料が掛かること、他社への転出時には税込5,400円が掛かります。

 

大手キャリアの契約解除料やMNP転出料と比べてみても、手数料が割高な点に注意が必要ですね。

 

DTI解約後にDTI SIMを返送しなかった場合にも税込3,240円の手数料が掛かる場合があるようです。

 

FREETEL SIMもポケモンGO通信料の無料化を決定!

 

-2016-08-20-21.11.25-300x225 ポケモンGOの専用スマホ&スマホプランとは?メインスマホ1台でポケモンGOする為に最適なスマホ通信環境を考えてみた結果!

 

FREETELもまだ詳細は不明ですが、ポケモンGOの通信料無料化が決定したようですね。現状はまだ上記SIMで無料化対応していませんのでご注意ください。(2016年8月31日時点)

 

9月頃より開始予定とのことなので、もうそろそろかもしれません。

 

以上はフリービットとFREETEL各社2社の方針ですが、これはポケモンGOユーザーにとっても、それ以外のユーザーにとってもかなり大きいんじゃないでしょうか。

 

これからポケモンGO向け格安SIMがお得になってくるのは十分よく分かりました!

 

次はゲームの使用環境(スマホ)について考えてみよう!

 

ところで、ゲームの使用環境(端末)って大切です。

 

SIMカードの通信サービスがいくら良くても、元々持ってる契約回線をDTIにMNPしないといけないだとか、そうじゃなければデータ通信専用のSIMカードを入れた別の端末と一緒に2台持ち歩かないといけないとか(メインスマホと別でゲーム機用のスマホを持ち歩く)、そういうのは不便ですよね。

 

やっぱりポケモンGOするにしても、今使ってるメインスマホの通信契約に支障を来さないことが一番大切です。

 

できれば1台で全てを済ませたい!

 

その1台でいつも通り、電話もメールもネットも、データ通信量(料)を無料化したポケモンGOもやりたいですよね!

 

そんな時、どうしたらいいのか?

 

2枚のSIMカードの同時通信に対応しているモバイル端末を使えばいいんです!

 

そんなスマホあるの?と思われるかもしれませんが、それがモトローラのMoto G4Plusです。

 

 

今まで通りスマホを使って、でもポケモンGOは別で楽しみたい。

 

そうする為には、今国内の技適に通っている唯一のデュアルSIMデュアルスタンバイスマホ(DSDS)のMoto G4 Plusがオススメですね。

 

なぜなら、もし仕事中にポケモンGOしてる時(データ通信してる時)に仕事の電話がスマホに掛かってきたら出たいですよね?(というか、出なきゃいけないですよね?笑)

 

従来のスマホはシングルスタンバイ(DSSS)スマホですが、2枚のSIMカードを入れることが出来ても、都度2枚のSIMカードを切り替えないと片方のSIMの通信環境しか使えないんですよね。(2枚のSIMカードの同時通信待ち受けが出来ない為)

 

これがどういう事かというと、従来のスマホで(DSSS端末で)メインの音声通話SIMカードとポケモンGO専用のデータ通信SIMカードの両方を入れて、ポケモンGO専用のデータ通信SIMカードに切り替えてポケモンGOをやっている時は、仕事の電話が鳴りません。※自動的に不在着信になります。

 

これってかなり不便じゃないですか?

 

ポケモンGOやっていても仕事の電話が鳴る方が良いですよね。そもそもゲーム中にいつ掛かってきているのか心配になりますし、仕事中に集中して(?)ポケモンGOが出来ません。

 

これから他のMVNOからも発売される可能性のあるポケモンGO専用SIM。

 

またDSDS端末に関しても、これから先Zenfone3などの日本上陸も考えられます。

 

自分に合ったポケモンGO専用SIMを見極めて、ポケモンGOするのに最適な端末を見つけて、モバイルライフを充実させましょう!

 

番外編:子供の安全を守る?日本通信ポケモンGO専用『ゲームSIM』

 

このSIMカードは、ポケモンGOアプリでのデータ通信しか出来ません。

 

WEBブラウジングや他のアプリでのデータ通信は出来ないのです。

 

ある意味、本物のポケモンGO専用のデータ通信SIMカードと言えるでしょう。

 

月々の通信料は高速通信1GB制限で税込1,620円、追加データチャージ(500MB)が1回あたり税込540円と割高です。

 

ポケモンGOマップが表示されない不具合?

 

このゲームSIMは、ポケモンGOの通信中にマップがまともに表示されない不具合がネット上でも話題になっていました。

 

このことが事実であれば、ポケモンGOをするにあたってこのSIMカードは使い物になりませんが、現在はどうやら改善されているようです。

 

ポケモンGO以外の通信はそもそも出来ない、ポケモンGO通信量(料)の無料化も一切考えていない、かつ1GBあたりの通信料もDTI SIMと比べて明らかに高い日本通信のゲームSIM。

 

逆にどうして通信料が高いのかを考えると、それはポケモンGO以外の通信が出来ないようにしてあるから(?)なのかもしれません。

 

小さな子供がポケモンGOをプレイしたい時、普通のスマホとその格安SIMを与えてしまうと、ポケモンGO以外でのデータ通信が出来てしまいますね。

 

分別の付かない子供が、有害サイト等によってネット事件(ネット詐欺、高額請求、出会い系被害など)に巻き込まれてしまう可能性は十分に考えられます。

 

幼い子供達もスマホを使う現代なので、こういった問題が起きないように、日本通信は敢えてポケモンGOしか出来ないSIMカードを割高で発表したのかもしれません。

 

確かに子供達にとっては、ポケモンGOさえ問題なくできればそれだけで満足でしょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です