SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?

スポンサーリンク

 

你吃饭了吗?セキタンです。

 

今回は、SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMを使う方法についてのお話です。

 

Y−mobileって最近台頭してきた感が半端ない印象はありますが、なんといってもキャリア(Softbank)の息の掛かった準格安SIMです。

 

以前のブログでもお伝えしている内容ですが、格安SIMとは違ってそこまでめっちゃ安いとは言えません。

 

しかし何か事情があってY-mobileで通信契約(SIM契約)をしていて、それがまた事情があってiPhoneで使いたいなぁって思った時には、SIMフリー版のiPhoneが必要になります。

 

それも今回はSIMフリー版 iPhone SEを使いたいと、そんな場合の話をしていきましょう。

 

「え?そもそもSIMフリー版iPhone SEでY-mobileのAndroid SIMって使えるの?」

 

結論からお伝えすると、使えます。

 

しかしそれを話すには、2ヶ月程前に私がモバイルコンサルしていた姉の話の続きをする必要があります。

 

ざっとあらすじをお伝えすると、姉はもともとSoftbank版のiPhone5sを使っていましたが、月額通信料金が高く2年経つ前に安くしたいと私に相談してきました。

 

Softbankの時は月々7〜8千円程掛かっていたようで、MNPに際して色々と改善案を伝えました。

 

そして最終的にY-mobileへMNPすることに決めたようです。

 

それから1ヶ月後の今になって、Y-mobileで通信契約と一緒に一括0円で購入したAndroid端末が使いにくいということで、再び相談を受けました。

 

その使いにくいAndroidスマホの名称とは、Huawei LUMIERE 503HWです。

 

 

見た感じデザインも悪くないですし、そんなに問題あるのかな?と思ってしまいましたが、どうやらタッチセンサーに少し癖があるようです。これは本当に使ってみないと分かりません。

 

端末自体は格安スマホのHuaweiのP8liteと同じ機種で、SIMロック解除に対応しているようです。

 

ただしY-mobile側で記録されている端末購入日から180日経過していること、解約の場合は解約から90日以内であること、そもそも購入者からの解除申請であること、以上3点が条件になっています。

 

既に503HWをお持ちで、購入日から180日以上経過している方のSIMロック解除はコチラからどうぞ。

 

iPhone系を一度でも使ってしまったら、なかなかiPhoneのタッチ感度の良さが忘れられないのはあると思います。

 

iPhoneのタッチセンサーは本当に滑らか、画面に指が吸い付くように動いていきます。

 

iPhoneを使った後にAndroidを使ったり、Androidを試した後にiPhoneを購入すると結構そのタッチ感度の違いにカルチャーショックを受けるかもしれません。

 

ちなみに私は今はまたAndroid端末を使ってますが、iPhoneと比べるとやっぱり少しタッチの反応が鈍いなぁ‥と感じています。

 

まあiPhoneの半値ぐらいの値段で、かつデュアルスタンバイだから仕方ないとは思っています。

 

タッチ感度も大切ですが、Moto G4 Plusには2枚のSIMをスタンバイさせたいユーザーを満足させる機能が付いているからです。

 

さて、私の姉のように新しいキャリアで新しいスマホを契約するってなったら、色々考えませんか?

 

どうするのが、一番良いんだろう。そしてオトクなんだろう。。分からないですよね。

決める時間が限られていたら尚更のことです。

 

姉も色々考えたようですね。。

 

もともとiPhoneを使っていただけあって、Y-mobileでもやっぱりiPhoneを使いたいと思っていたようですが、Y-mobieで契約できるiPhone5sは意外と割高です。

 

iPhone5sは、SEから見るともう3世代も前のiPhoneになりますが、Y-mobileで契約するiPhone5sの端末代金は月額割引無しで考えて総額すると、結構バカにならない金額です。※まだ出品数は少ないですが、ヤフオクで白ロムだけ買った方が明らかに安いです。

 

それで姉は「それより安いなら別にiPhone5sじゃなくてもいっか!」と思って一括0円のAndroid端末の503HWを契約したそうなのですが、買ってすぐ後悔したようです(笑)

 

やっぱりずっとiPhoneを使ってた人は、iPhoneを使い続けなきゃダメですね。(特に仕事とかで使いこなしていた方は)

 

例えば私みたいにモバイルオタクで、多少端末に癖があってもそれがその端末のチャームポイントとして捉えられる人でないと厳しい話です。(特に快適に使えればいいという一般人には無理な事です)

 

当の本人も言ってましたが、本当に自分に合わない端末を使い続けるとストレスが溜まりますね。イライラします。

 

いきなり「もうほんとにうちにくあ」という文章が姉からLINEで届いてびっくりしましたが、まさにそういう事です。

 

早速姉のモバイルライフスタイルを改善していきましょう!

 

今回は、姉がMNP契約したY-mobileの通信契約(SIM)には何も問題ありません。

 

なぜなら、本人はY-mobileの誰とでも定額(例外を除き10分間の国内通話料金無料)を使いたくてY-mobileで契約したので、解約してしまったら解除料金(税込10,260円)も掛かるし、もったいないだけです。※私が何も言わなければ姉はY-mobileを解約しようとしていたらしいです。

 

Y-mobileの通信環境は悪くないのですが、今回は一緒に一括0円購入した端末に問題ありです。

 

私がいつも言ってる事ですが、もう時は携帯キャリア没落の時代です。

 

キャリアの通信回線シェアもどんどんMVNO(格安SIM)に奪われます。

 

SoftbankもARMを買収してますし、キャリアの目先はすでにIOT(モノのインターネット)に向かっています。

 

つまり、もう携帯通信業界におけるキャリアの存在自体が危ういです。今までは端末(スマホ)も通信(SIMカード)もキャリアでセット購入が当たり前でした。

 

そうしないとケータイというものが使えない時代だったからです。

 

でも、今は違います。

 

端末(スマホ)と通信(SIMカード)は別物です。

 

今の時代、それぞれ別々に契約しても何ら問題はありません。もうキャリアに貢ぐ必要なんてありません。

 

ストレスが溜まるぐらいなら、端末と通信、別々に契約しましょう。

 

一括0円で買った端末が使いにくければ、ヤフオクとかで売って資金にして、自分がこれは使いやすい!と知ってる端末を購入すれば良いのです。

 

※ただし、SIMロックの有無やSIMロック解除の可否は然り、くれぐれも今お使いのSIMカードで使える端末を選びましょう。

 

少し話が逸れましたが、姉の手元にあるのはY-mobileのAndroid SIM、これをSIMフリー版のiPhoneで使えるように設定を進めていきましょう。

 

Y−mobileのAndroid SIMは、SIMフリー版iPhoneで使えます。

 

iPhone用のSIMとAndroid用のSIMって規格が違うんじゃないの?って思われる方いらっしゃると思いますが、Y-mobileのAndroid用のSIMの電波をSIMフリー版のiPhoneでは掴めます。

 

まず姉(姉と同じような状況の方)にしてもらいたいことは、

 

①SIMを準備する→Y-mobileにMNPしているので済み。

 

②SIMフリー版iPhoneを購入する→これからすること!以前書いた記事(SIMフリーiPhoneを24ヶ月金利0円ローンで購入)での購入方法がオススメ。

 

③端末とSIMの設定を分かる人に聞く→これからすること!これ重要!!

 

①は自分好みのプランを提供している通信事業者へMNPが済んでいるのでもう大丈夫ですね。

 

続いて②、これも買うだけで済みます。一括購入も良いですがSIMフリー版iPhoneは最低でも税込51,624円するので、アップルの公式サイトから金利0円ローンで購入し、自宅へ直送がオススメです。

 

②が済めば残るは③だけです。これが一番重要なのですが、分かってる人に聞きましょう。

 

そうです、私に聞いてください!

 

SIMフリー版iPhone SEでY-mobileのAndroid SIMの設定をしよう!

 

20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?

 

姉がアップルストアから現金一括でSIMフリー版iPhone SEを購入してきました。さすが太っ腹です!

 

購入してきたiPhoneは、キャリアで契約するiPhoneと何ら変哲はありません。同じiPhoneですが、強いて言えばSIMロックが掛かっているか掛かっていないかの違いはあります。

 

しかし、iPhone6s以降は大体半年(180日以上)経てばSIMロック解除できるようになったので、ほとんど違いが無くなりつつあります。それなら、キャリアで契約する意味なくない?→そもそもキャリアが存在する意味なくない?って思いませんか?(笑)

 

iCloudからバックアップしたデータを新しいiPhoneに戻すにしても、新しいiPhoneとして使い始めるにしても、SIMなしの状態だと『SIMカードが挿入されていません』というダイアログボックスが出てしまい、端末自体のアクティベーションを先に進めることができません。

 

ここで、Y-mobileのSIMをiPhoneに挿してみましょう。

 

注意点としては、Y-mobileのLUMIEREのAndroid SIMのサイズは、nano SIMではなくmicro SIMです。

 

一方、iPhone5以降のSIMスロットのサイズはnano SIMサイズです。

 

端末のSIMスロットのサイズに対し、入れるSIMカードのサイズが小さければ、SIMアダプタ(通称、SIM下駄)を履かせることでSIMの大きさを調整することができます。今回の場合はSIMカードのサイズが大き過ぎて、端末のSIMスロットに入らない為、SIMのサイズを小さくする必要があります。

 

20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?

SIMアダプタ(SIM下駄)達

 

こんな時に登場するのは、このようなSIMカッターですね。

 

20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?

左が標準SIM用、右がmicroSIM用のカッター

 

20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?

一見、ホッチキスみたいな感じです

 

 

標準SIMをmicro SIMへ、またmicro SIMをnano SIMへカットできるこいつは非常に優れものなのですが、私の周りで個人でSIMカッターを持ってる人は見たことがありません。(笑)

 

SIMカッターは、SIMカードのサイズが自分が使いたいモバイル端末に合わなくて困った時は本当に役に立ちます。

 

ただし、今はMVNO各社でnanoサイズでのSIM契約もし易くなっているので、端末のSIMサイズが事前に分かっている場合は、予めモバイル端末に合ったSIMサイズでの契約をオススメします。

 

SIMカッターはモバイル端末にSIMのサイズが合わないという万事休す状態。そんなどうしようもない時に使う代物です。

 

SIMカードを切る時に、カードの端子面を傷つけてしまう可能性が少なからずあるのでSIMカッターは諸刃の剣なのです。

 

20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?

SIMカッターでカットした後のSIMカード

 

もし、SIMカードが何らかの原因で破損して、端末で読み込めなくなると電話とネットが使えなくなってしまっても手間ですし、各々のキャリアで有料(大体3千円ぐらい)でSIMカードを再発行してもらう必要が出てくるので要注意です。

 

SIMカッターでSIMのサイズを変更する時は、くれぐれも自己責任でお願いします。

 

さて、姉の目の前でパチンッ!とSIMを切っていきます。結構良い音がしました。これは壊れてるかもしれません(笑)

 

SIMをカットする時のコツとしては、カットしたい位置がズレてなさそうであれば、一気に力を掛けてカットしてください。下手に切り込む力が弱いとちゃんと切れずSIMカードが曲がってしまい、これもまたSIMの端子部分の破損に繋がります。

 

あと、カットした後に端子周りにできるバリを取った方が良いです。そのままだとSIMスロットに載らなかったり、端末挿入時に厚みが出て引っかかってしまう(最悪抜けなくなり、端末破損に繋がる)からです。

 

20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?

こんな感じでカット、今まででカットの出来は抜群です

 

SIMカードがカットできたので、SIMスロットに載せてSEに挿入します。

 

綺麗にカットできても差し込む時は少し固めです。

 

『SIMなし』から少し経って『圏外』→『Softbank』の順で電波を掴みました。

 

20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?

Y-mobileってSoftbankって表示されるんですね。

 

SIMが認識されたら、データをバックアップから復元し、アクティベーションを進める

 

ここまでくれば、もう後はAPNの設定をするだけで完了です!

APNってなに?という方は以下をご覧ください。

 

Access Point Name(アクセスポイントネイム)

APNとは、携帯情報端末などを携帯電話ネットワークに接続してデータ通信を行う際に必要となる、接続先を指定する文字列のこと。

端末の購入後に接続先の設定が必要となる海外製のスマートフォンや携帯情報端末などを利用する場合や、利用者識別を行うSIMカードのみを購入して端末にセットする場合などは、明示的にAPNを設定する必要がある。

引用 - IT用語辞典 e-Words

 

Android端末の場合のAPN設定方法

 

Android端末のAPN設定方法は、使いたいSIMカードのAPN設定情報が分かるようであれば、直接モバイル端末の設定画面からAPN設定が可能です。

 

どんなAndroid端末にもある『設定』アプリを探します。

 

そして、『設定』の中の無線とネットワークの項目の中に『モバイルネットワーク』というものがあります。

 

20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?

 

これをタップして、今挿入しているSIMカードのAPN設定を進めることができます。

 

20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?

 

写真はMoto G4 PlusでのAPN設定時のものですが、日本国内向けのSIMフリースマホだけあって、デフォルトで複数のMVNO各社のAPN情報が予めインプットされています。

 

後は単純に自分が使いたいSIM各社のSIMカードを入れて、そのAPN情報を選べば良いだけです。

 

iOS端末(iPhone)のAPN設定方法

 

iPhoneでのAPN設定は、構成プロファイルと言われるものを端末にインストールするだけで完了します。インストールにはWi-Fiが必須となりますのでご注意ください。

 

写真を見てみるとこの構成プロファイルは、Android端末での設定の際は手動で打ち込んでいたAPN情報が既にインプットされたファイルをiPhoneへインストールするようなイメージです。逆に言うと、だからネットに繋がるようになるんですね。

 

20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの? 20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの? 20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?

 

構成プロファイルは、MVNO各社の公式サイト上でインストールできるものが多いです。

 

例として、コチラはIIJ mioのiOS端末用の構成プロファイルです。

 

インストールの手順とかはないのですが、以前iPad mini2でau系MVNOのmineoの設定をする際に、構成プロファイルをインストールしました(au格安SIMで運用できる?iPad mini2 Wi-Fi + Cellularモデルを買ってみた!)ので、コチラも合わせてご覧ください。

 

Y-mobileの構成プロファイルのインストールが終わり次第、Wi-Fiに繋がなくてもSoftbank 4Gの電波が立ち、無事Y-mobileの公式サイトが開ける状態になっています。

 

20160818032031-225x300 SIMフリー版のiPhoneでY-mobileのAndroid SIMは使えるの?

 

下記にY-mobileの構成プロファイルページを載せておきますので、是非ご活用下さい!

Y-mobile構成プロファイル

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • コメント失礼致します。
    自分も全く同じことをしたくて、色々調べてるうちにこちらのサイトにたどり着きました。
    そこでご質問なんですが。

    自分の現状をお伝えしますと。
    ①SIMを準備する→自分も全く同じで、現在Yモバイルの503hwを使用中です。

    ②SIMフリー版iPhoneを購入する→まだ購入しておりません。

    ③端末とSIMの設定を分かる人に聞く→セキタンさんにご教授願いたい者です。
    という状況です。そして、②についてですが。
    SIMフリーのiPhoneしかこの解説の様にできないのですか??
    たとえば、元々docomoやソフトバンクだった白ロムiPhoneでは不可能なのでしょうか?あと、se以外(5sや6)でも同様の事はできるのでしょうか。
    無知な質問で申し訳ございません。お手すきの時にご返信いただけると幸いです。

    • コメントありがとうございます!
      お使いのAndroid用Y-mobileスマホSIMを使えるのは、今のところSIMフリー版のiPhoneのみです。
      ※Y-mobile版のiPhone5sでお使いのAndroid用Y-mobileのSIMが使えるかは未確認です。

      docomo版、Softbank版のiPhoneで、お使いのY-mobileSIMを使いたいのであれば、SIMロック解除が必要です。
      そしてキャリアのiPhoneでSIMロック解除が可能なのはiPhone6s以降(6sを含む)のものに限られますし、キャリア毎に解除時の事細かな制約付きです。
      なので、docomo版、Softbank版のiPhone5sと6世代ではSIMロック解除が行えない為、お使いのSIMはご利用頂けません。

      SIMロック解除ができる世代のiPhoneであればSEに限らず、解除後の利用はY-mobileのSIMでも基本可能だと思います。
      ※別途SIMのAPN設定(iPhoneなら構成プロファイル設定)が必要です。

      ですので選択肢としては、

      ①現時点でiPhone6s以降のiPhoneをお持ちで無いのであれば、
      SIM(契約)はお持ちなのでSIMフリー版iPhone(端末)の購入をする。
      5s、6のSIMフリー版でも構いませんが、国内版SIMフリーiPhoneの購入をオススメします。
      (実際に私が試したのは国内版のSIMフリーiPhoneです)
      ※SIMフリーは海外渡航時にも強い。

      ②Y-mobile内で503HW→iPhone5sへ機種変更する。
      ※基本海外渡航しない、且つSIMロック解除は今後もできないiPhone5sで宜しければですが。。

      の2つとなります。

    • ①を選択される場合、私の様にSIMカットが必要になると思われます。
      下記サイトもご参照ください。
      http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=19309597/

      ②を選択される場合、Y-mobileのスマホにはタイプ分け(タイプ1、2、3)があるようです。このタイプ間の移行(機種変更)によっては解約扱いになるケースもあり、ある意味Y-mobileを解約していないのに、違約金が発生する可能性があります。一度窓口で聞かれてみると良いかと思いますが、まだY-mobileを契約して間が無い場合は、SIMカードだけ取り出して503HWを売却→SIMフリーiPhoneを購入費用に充てるのが賢明かと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です