香港→中国深圳へのガジェット一人旅!数日前に届いたばかりのMoto G4 Plusの海外デビューも!

スポンサーリンク

 

こんばんは、セキタンです!

先日、香港と深圳に行ってきました!

 

2泊3日と短い旅でしたが、そのうち半分ぐらいはスーツケースを引き擦りながら、テクテク歩いていた記憶があります。。

 

どういうことかというと、一言で言うと中国で道に迷い倒しました。(笑)

 

旅の始まりは1日目の午前6時。父に関空まで車で送り届けてもらう。

 

台湾へ行った時のように第二ターミナルへ、、ピーチで搭乗の手続きを行います。

 

前回の台湾行きのフライトは、いつの間にか香港行き航空機の手荷物を預ける列に並んでいたのでギリギリカツカツになってしまいましたが、今回は大丈夫そうです!

 

列も短め、時期的なものでしょうか?

 

早速身体検査も受けて無事飛行機に乗り込みます。この時間が朝の8時50分前後。

 

さあ!香港へ向けて出発です!

 

これはかなり長い搭乗時間になりそうです。日本の関西国際空港から香港まで約4時間近くと言われています。

 

離陸するやいなや、早速睡眠薬を手にします。これで4時間うつらうつらでも眠れるといいなと。

 

本当は4時間色々この後のことについて考え事をしようかと思っていたのですが、旅はきっとなる様になるでしょう。(笑)

 

がしかし、睡眠薬を飲んで、なぜか1時間もしないうちに眠気が覚めてきました。。

 

やっぱりピーチは価格は安いのですが、寝心地がイマイチです。

 

それも香港行きとなると、周りはほぼほぼ中華系の人々が座っています。

 

後ろからドンドン蹴られたりもします、おそらく蹴っている本人は無意識のようです(笑)

 

とりあえず眠れないので、中国語の教科書でも出しますかっ

 

q?_encoding=UTF8&ASIN=475691425X&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=freehey-22 香港→中国深圳へのガジェット一人旅!数日前に届いたばかりのMoto G4 Plusの海外デビューも!q?_encoding=UTF8&ASIN=475691425X&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=freehey-22 香港→中国深圳へのガジェット一人旅!数日前に届いたばかりのMoto G4 Plusの海外デビューも!

 

大学時代、第二言語として中国語をカジっていました。

 

英語も好きだったのですが、その次に何を学びたいかと思った時、子供の頃から三国志の漫画を読んでいたこともあって中国語に興味があったんです。

 

中国語を喋りたいというよりかは、日本語とは少し違う中国語の文字体が好きでした。

 

左の席に座っている若者カップルの視線を感じつつ、小声でブツブツ中国語を練習しながらフライトを過ごしました。

 

さて、機内アナウンスも流れていよいよ後1時間ぐらいで香港機場に到着です。先輩ブロガーのブログページをiPhoneで開きっぱなしにしておいたので、機内モードの状態でおさらいします。

 

香港国際空港にもプリペイドSIMカード(旅行客が使うような)を販売しているお店は幾つかあるみたいなので安心していましたが、念の為です。

 

一応Amazon等でも確認したところ、どうやら香港購入したSIMは香港で使えても、中国では使えない(通信できない)SIMがあるようです。

 

香港は中国の一部(中華人民共和国特別行政区)ですが、普通の国家と同じぐらいの力を持っているようです。

 

外交と軍事に関しては中国側が管理して、それ以外は基本香港主体で運営している。1つの国の中でもまるで別の国のように運営しているんですね。

 

通信に関しても同じく、香港のSIMカードは香港で使えても深圳では使えません。(使えるものもあります、これを購入してください)

 

私は、香港国際空港で日本円を香港ドルに両替する際に、SIMカードを売ってないかと尋ね思わず買ってしまいました。今から考えるとこれがすべての間違いの始まりです。

 

購入したのは以下のSIMカードです。名称は中国移動香港SIMです。(実は種類が幾つかあります、これがミソです)

 

q?_encoding=UTF8&ASIN=475691425X&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=freehey-22 香港→中国深圳へのガジェット一人旅!数日前に届いたばかりのMoto G4 Plusの海外デビューも!

→Amazonでコチラから買えます。※micro SIMサイズなのでiPhone5以降だとSIMカットする必要があります。

 

香港ドル相場にもよりますが、直接空港で買ったほうが安いけどね…80香港ドルポッキリで買えますが、Amazonだともう少し高いです。

 

観光先が香港だけなら、このSIMだけで良いんです。通信は問題なくできます。

 

ただ、私のように中国の深圳まで行ってしまうと、このSIMカードでは通信ができなくなります。

 

香港SIMをSIMフリーMoto G4 Plusでアクティベートしてみる

 

とりあえず、香港空港内でプリペイドSIMをアクティベートした話をしましょう。

 

SIMカード購入カウンターのお姉さんから聞いた通りの順番でG4 Plusで設定を進めて行きます。

 

まずは電話画面で『193193』に発信します。ナレーションが流れ始めるので続いて、2をプッシュします。

 

またナレーションが流れるので3をプッシュします。その後4G対応機種であれば*103*100*07#を押します。

 

これで終わりかと思い電話を切りました。しかし通信が安定しませんし、ネット接続ができません。

 

SIMカードパッケージに貼られた紙の最後に*#103#があります。これを押すとどうやら通信が安定するようです。

 

ようやく4Gを拾いました。続いてLINEも受信。大して外国語を喋れない以上、海外旅行に来た時はこの瞬間が本当にホッとしますね。

 

それと、上記のSIMの設定方法を見てもらうと分かりますが、この設定はポケットWi-Fiではできません。

 

というのもポケットWI-Fiには電話アプリが無いので、上記ダイヤル発信による初期設定ができないからです。

 

いざ深圳へ急げ!

 

さて、急がなくてはなりません。

 

なぜなら、中国深圳で私の到着を待ってくれている中国人達が居るからです。

 

予定では中国時間13時(日本時間の1時間遅れ)に深圳に到着する予定で伝えています。

 

ちなみにピーチ便は予定着陸時間の30分前に到着しました。これはかなり嬉しい!と思いきや、預けている手荷物が40分遅れだそうです。

 

これって意味ないじゃん(笑)

 

30分前に香港に着かなくてもいいから、手荷物遅れんなよっと一人心の中でツッコミました。

 

何はともあれ、手荷物を持って検査等も通り抜けて、やっと香港国際空港です。

 

早速お腹が減ったので、マックに並びましょう。

 

物凄い行列!香港でもハンバーガーは人気のようですね。その間に中国人達と連絡を取ります。

 

あれ?

 

ここで気づいたのですが、どうやらMoto G4 Plusは香港のSIMを使ったテザリングの親機にできないようです。

 

iPhoneの白ロムにWe Chatをアカウント登録していたので、しまった。We Chatが使えない。。

 

これでは、深圳の中国人達と連絡が取れません。

 

q?_encoding=UTF8&ASIN=475691425X&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=freehey-22 香港→中国深圳へのガジェット一人旅!数日前に届いたばかりのMoto G4 Plusの海外デビューも!

iOS版

Android版

 

深圳の中国人との仲介をしてくれていた日本語の通じる中国人に別のアプリから連絡を取ってみます。事情があってWe Chatが使えないと。

 

マックでビックマック(1番て伝えたら出てきただけ)を注文して片手で食べながら、連絡を取ります。

 

海外のマックってなんでビックサイズなんでしょう?ビックマックは日本と同サイズでしたが、ポテトとコーラが日本のLサイズです。

 

そういえば今年の3月に台湾の台北で滞在最終日に食べたマックもこんな感じでした。この時もどうやらビックマックだったみたいです、なぜかコーラだけLサイズ!(笑)

 

q?_encoding=UTF8&ASIN=475691425X&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=freehey-22 香港→中国深圳へのガジェット一人旅!数日前に届いたばかりのMoto G4 Plusの海外デビューも!

台湾のマックにて。

 

価格は日本とそこまで変わらないですね。ちょっと高いかもです。

 

We Chatが使えないので不便だなーと思っていると、台湾にも持って行っていたポケットWi-Fi兼モバイルバッテリーのMF855がありました。SIMはMoto G4 Plusでアクティベートしているので、後はSIMさえ挿せばMF855の自動APN設定で勝手に繋がるはず!

 

なのに、なぜか挿しても繋がらない(笑)

 

MF855の上部側面のアンテナピクトが赤く点灯しています。

 

ポケットWI-FiにG4を繋いでみるも管理画面を見るとなぜかネットワーク未接続、どうしてか分かりません。

 

APNを手動設定にする項目だけは触りませんでしたが、数分間色々設定を見ていると急にiPhoneの白ロムにWe Chatの通知が来ました!

 

どうやらMF855が香港の通信ネットワークに接続したようです。続いてiPhoneがそのWi-Fiを拾ったようです。

 

無事、We Chatで連絡が取れました。

 

未だ香港空港内に居ることと、これから羅湖経由で深圳に向かう事を伝えました。

 

さて、腹ごしらえもしたし、インターネットも繋がるし、やっと海外を楽しめますね!

 

いよいよ中国本土、深圳市内に向けて出発です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です