遂に技適通過?!日本初デュアルスタンバイスマホMoto G4 Plusが発売秒読み段階へ!

スポンサーリンク

アンニョン、セキタンです!

 

このブログでお話していた事(日本にデュアルアクティブスマホが登場したら)の前身となるデュアルスタンバイスマホがついに現実的となって発売されそうです!

 

日本法人モトローラ・モビリティ・ジャパンは今月の7月22日に、日本国内初となるデュアルスタンバイSIMフリースマホ『Moto G4 Plus』の発売を予定しています。

 

 

デュアルスタンバイ(DSDS)に関しては、このブログでも嫌と言うほどお伝えしてきましたが、もう一度おさらいしておきましょう!

 

デュアルスタンバイスマホ
-Dual SIM Dual Standby

SIMカードを2枚挿す事ができ、またその2枚のSIMカードの同時通信(待ち受け状態時に限る)を行う事の出来る機能を持つスマートフォンのこと。

 

 

デュアルスタンバイはあくまでデュアルアクティブへの布石ですが、今まで日本の技適を通過して日本で発売されたデュアルスタンバイスマホはありませんでした。

 

つまり、これが22日に販売されれば日本の技適を初めて通過したデュアルスタンバイSIMフリースマホの誕生です!

 

まさかこんなに早くデュアルスタンバイが発売されるとは夢にも思いませんでした!

 

兼ねてから願っていたことですが、デュアルスタンバイ(次はアクティブ)はやはり現実的な端末ではなかったからです。

 

一般的に、2枚のSIMカードの通信を行うという事はそれだけ電力の消耗が激しくなると考えられています。

 

つまり、端末のバッテリー消耗が早くなる可能性が高いのです。ここは端末の実用化に繋がるかに一番関わってきますよね。

 

いくらデュアルスタンバイ(アクティブ)になって便利でも、バッテリーが半日も持たなければ実用化は厳しいわけです。

 

果たしてデュアルアクティブ(完全な同時通信、音声通話しながら同時にインターネット接続も可能)だけでなく、待ち受け同時通信のデュアルスタンバイでも同じようなバッテリー消耗は起きるのでしょうか?

 

 

今回発売のデュアルスタンバイスマホはあくまで3GとLTEでの同時通信(待ち受け状態時に限る)が可能なようです。

 

片方のSIMスロットにFOMA SIM(音声通話契約のみ)を挿して、もう一方はデータ通信専用のdocomo系格安SIMを挿せばデータ通信の格安運用ができます。

 

普段音声通話はほとんどしない方の場合は、FOMA SIMをタイプSSバリュープランで待ち受け状態で寝かせておくのが通信費は安く済むと思いますが、ガンガン通話される方の場合は税抜2,200円でガラケーのカケホーダイプランを契約して運用しましょう。

 

さてデュアルスタンバイSIMフリースマホは、使用面またはコスト面でどれだけ従来のSIMフリースマホと異なってくるかを見てみましょう。

 

まず異なる2枚のSIMの通信環境(音声通話 or データ通信 and キャリア問わず)を持ち運べます。

 

従来、キャリア1本に掛かりきりだった通信費用ですが、キャリアSIMのみでの運用に制限されることなく通信が出来る為、通信費用が分散されます。

 

キャリアのメリット(カケホーダイプランがあるところ)だけそのままガラケーSIMで活かして、キャリアのデメリット(データ通信料金の高さ)は、格安SIMに外注して活かそうということができるようになります。

 

皆さんのモバイルライフ環境によっても異なりますが、今後国内のデュアルスタンバイスマホ、デュアルアクティブスマホが増えていくことで、ガラケーとスマホの2台持ち、ガラケーとスマホとポケットWi-Fiの3台持ちから解放される方が増えるきっかけになると考えられますね!

 

発売が非常に楽しみです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です