日本でDSDA、DSDSスマホが不要なLCCスマホ1台運用方法とは?それはある意味3大キャリアへの布石になる会社の通信サービスなのかもしれない。

スポンサーリンク

アンニョン、セキタンです!

 

前回のモバイルライフコンサルティング(ケータイどうしたら安くなるかな?シンプルにわかりやすく教えてほしい。)に引き続き、果たしてどうしたら姉に納得してもらえる格安SIMへの乗り換えができるのかを考えていきたいと思います。

 

姉に前回の内容を伝えて数日経ちましたが、SIMフリー版iPhoneSEの購入はおろか、まだ格安SIMの契約さえしていませんでした。

 

理由としては、やはりモバイル端末の2台持ちがネックなようです。。

 

いくら月々4千円近く通信料金が安くなると言っても、確かに2台持ちはかなり不便ですね。

 

スマホ1台でキャリアの話放題プランと格安データSIMを運用できたらどれだけ便利か…それに越したことはないでしょう。

 

2年縛りが解けた瞬間、格安SIMへの移行を検討する人の中には2台持ち(音声通話の従量制通話料)を懸念して結局はキャリア残留(キャリアで更新月を跨いでもう2年契約)を選んでしまう人も少なくありません。

 

それからまた色々考えてみました。

 

現状では日本国内で使用できる(技適マークのある)デュアルアクティブスマホかデュアルスタンバイスマホが存在しない以上、1台のモバイル端末でキャリアの話放題プランSIMとMVNOの格安データ通信SIMを2枚同時に国内運用するのは不可能です。

 

ご存知の通り、日本国内でデュアルアクティブ or スタンバイできる仕様の2SIMスロット搭載スマホが存在しないからですね。

 

どう足掻いても日本の通信環境とその歴史、または法律も絡み、日本のモバイル端末の仕様自体をすぐには変えられないわけです。

 

 

携帯電話のLCC?航空会社でいうピーチに値する?

 

 

そこでもう一度、格安SIMで話放題プランを出しているMVNOが居ないか調べ直してみました。

 

すると、こんな隠れMVNOを見つけました。

 

もしもシークス

携帯電話のLCC(ローコストキャリア)

 

 

今まで見ない名前でした。同社の通信サービスプランについて見ていきましょう。

 

一言で言うと、このMVNOケータイキャリアの通信サービスを利用すれば、キャリアに準ずる話放題プランと格安SIMに準ずるデータ通信プランを併せ持って、ドコモ端末またはSIMフリースマホ端末1台で運用できるようになっていくかもしれません。(現状で出来ないことはないですが、通話音質にかなり難有りなようなので、今後より快適に運用できるようになっていくという意味を込めてです)

 

1枚のSIMに話放題プランと格安データ通信。

 

キャリアの高額データ通信が格安データ通信に置き換わっただけで、決して今までなかった仕様のSIMではありません。

 

仕組みはデータ通信の料金体系が安いっていう以外、キャリアSIMとそこまで変わらないからです。

 

 

格安SIMで話放題が欲しいユーザーは、どうやってキャリアより格安契約する?

 

 

例えばもし、今すぐに日本でデュアルアクティブスマホやデュアルスタンバイスマホが発売されたとします。(可能性としては厳しいですが)

 

そうすると今まで話放題プランが無いことがネックで、キャリア→格安SIM各社へのMNPを躊躇していた通話ヘビーユーザー達の多くがキャリアの話放題プランSIM+データ通信のみの格安SIMを上記2つのどちらかの端末でデュアル運用し始めることでしょう。

 

これを、もしもシークスを使ってやります。

 

もしもシークスのSIMカードは、他の格安SIM各社と違ってなんと話放題オプションが付けられるのです。

 

格安SIM各社の中に、今まで完全に近い通話し放題プランが無かったのは皆さんもご存知のことだと思います。

 

格安SIM会社の楽天モバイルの通話オプションはあくまで5分以内での通話し放題のみ(契約1年縛り)、SoftbankグループのY-mobileの通話オプションでやっと10分以内での通話し放題のみです(契約2年縛り)。

 

これらは所詮なんちゃって話放題プランなわけです。指定時間を超えると従量制で通話料金がガンガン掛かってきます。

 

 

もしもシークスのかけたい放題プラン、デメリットも一緒に理解しておく

 

 

じゃあもしもシークスは違うのか?という問いに対して、もしもシークスは他の格安SIM各社の通話オプションのサービスと比べても、突出しているプランがあります。それが『かけたい放題フルプラン』です。

 

形はキャリアの話放題ブランに近いです。しかし、キャリアと違う点もあります。いくつか細かい条件が付いています。

 

2016-06-29-17.34.44-1 日本でDSDA、DSDSスマホが不要なLCCスマホ1台運用方法とは?それはある意味3大キャリアへの布石になる会社の通信サービスなのかもしれない。

 

もしもシークスの『かけたい放題フル』を使用するにあたって注意点としては、連続して1日50回以上の通話60分以上の同一相手先への連続通話を行わなければ大丈夫ということです。これを超えてしまうと利用制限が掛かってしまう可能性があります。

 

つまり、あくまで無料通話できる先はキャリアの話放題の場合と同様に考えて利用しないといけません。

 

キャリアの話放題と違う点としては、もしもシークスが提供する専用アプリからの通話発信が必要になるようです。※それ以外の通話発信した場合は、30秒毎に19.9円の通話料金が発生します。

 

国内電話番号でも0120や110、119などの3桁番号、0180や0570などナビダイヤルへの通話発信等はそもそも通話発信の対象外なので、端末既存の電話アプリでの発信が必要です。(発信先によっては別途通話料金が発生します)

 

2016-06-29-17.34.44-1 日本でDSDA、DSDSスマホが不要なLCCスマホ1台運用方法とは?それはある意味3大キャリアへの布石になる会社の通信サービスなのかもしれない。

iOS ver.

Android OS ver.

 

このアプリがかなりイケてないらしいですが、まだまだ発展途上だと思われますので迅速な品質改善を期待します。

 

どうやら通信を海外経由で行っているらしく、話放題としてはキャリアより割安ではありますが、音声品質に問題があるようです。また、この専用アプリの使い勝手にも難有りかもしれません。

 

月額料金的にはどうなのか?

 

品質使い勝手ももちろん重要ですが、それだけを重視するなら、最終キャリア契約になってしまいます。

もしもシークスで話放題プランと格安データ通信(高速通信3GB制限)を運用した場合、大体どれくらいの月額料金になるのでしょうか?

 

ということで…途中まで申し込みを進めて料金確認してみました!

 

2016-06-29-17.34.44-1 日本でDSDA、DSDSスマホが不要なLCCスマホ1台運用方法とは?それはある意味3大キャリアへの布石になる会社の通信サービスなのかもしれない。

 

もしもシークスは、他の通信事業者と違って契約時の事務手数料を税抜5,000円も取ります。

 

3大キャリアを含め格安SIM各社のほとんどが回線契約時の事務手数料は基本税抜3,000円なので少し意外なところです。それ以外に何か追加料金が発生するオプションなどは付いていません。問題なさそうですね。

 

①基本料金 980円

②かけ放題(かけたい放題フル) 1,800円

③パケット容量(パケット3GB) 1,200円

④ユニバーサルサービス料 2円

事務手数料は1回限りなので別に考えると、月額維持費としてはトータルで税抜3,982円です。(契約は1年縛り)

 

パケット1GBプランを選べば1GBあたり税抜600円。

しかしパケット3GBプランを選べば、1GBあたり税抜400円。

月に3GBは使うという方なら3GBを選んだ方がお得ですね、イオンモバイル(1GBあたり税抜480円)と比較してもダントツで1GB容量あたりの月額料金は安いです。

 

やはり、完全なキャリアに準じた話放題プラン+格安SIMでのデータプランをスマホ1台で運用することは今の時代まだ不可能なのか?

 

「今流行りの格安SIMにしたいけど、仕事上音声通話をものすごく利用するからキャリアの話放題プランはどうしても残したい!」

 

姉のような通話ヘビーユーザー向けの格安SIM運用を実現できる為にも、これからも探し求めていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です