APPLEからiPhone下取りキャンペーンのメールが来たら

スポンサーリンク

 

おはようございます、セキタンです!

先日、AppleからiPhoneの買い替えについてメールが届きました。

 

どうやら、新しいiPhoneに買い換える時に、今使っているiPhoneを最大31,000円で下取りしてくれるようです。

 

そんな虫のいい話があるはずがないと思いましたが、今iPhoneの販売台数はかなり減少しているようでAppleもiPhoneを売ろうと必死なようです。

 

Apple神話崩壊、iPhone初の販売台数減&四半期決算も13年ぶりの同期比減益

引用:Gigazine

 

iPhone6sとiPhone6s Plusに買い換える場合に、以下の値段で旧機種を下取りしてくれるようです。(あくまで最大)

 

・iPhone4、4sは2,800円

・iPhone5、5s、5cは10,500円

・iPhone6は25,000円

・iPhone6s Plusは31,000円

 

もちろんですが、最大31,000円なので機種の世代によってはそれ以下の下取り価格になります。

 

これは果たしてお得なのか?

 

あくまで個人的な意見ですが、お使いのiPhoneでAppleの正規保証サービス(Apple CareとApple Care+)に加入していない場合は、この下取りサービスを利用しても良いかと思います。

 

 

正規の保証サービスに加入しているのであれば、充電サイクルによる内蔵バッテリーの劣化、内部基板側の故障など外的損傷以外は保証内対応として無料で本体交換品(新品ではなく整備品)に交換してくれるかもしれないからです。※もちろんキャリアでもAppleの正規保証サービスに準じた保証サービスはあります。

 

端末の状況によっては、今使っているiPhoneをせっかく無料で整備品へ交換できるかもしれない保証サービスに加入しているのに、たかが最大3万円程度の下取り金額に釣られてしまって、わざわざお金を払ってまで新しい端末に買い換える必要なんてありません。

 

iPhone6、6Plusを購入した時に保証に加入しているなら、2年間で12,800円出して(月々で言えば600円近く)初期不良を含む経年劣化症状に備えているわけです。

 

これを払っているのに、新しいiPhoneを購入してしまうとまた新しい保証に入らないといけなくなりますし、12,800円が完全に無駄になっちゃうわけです。

 

これはもったいないです。できれば、この機会に脱キャリア直契約を視野に入れて新しい通信契約を考えましょう。

 

 

docomo iPhoneユーザーは?

 

docomoユーザーは本体交換したiPhone6、6Plusで問題なく使える格安SIMブランドが多いです。docomo系格安SIMであれば基本電波は拾います。

 

自分に合ったプランを提供している格安SIM各社で格安SIMを契約し、整備品のiPhoneでまたしばらくは快適にモバイルライフが送れることでしょう。

 

 

au iPhoneユーザーは?

 

auユーザーは本体交換したiPhone6、6Plusで問題なく使える格安SIMブランドが限られています。

現状ではmineoというau系格安SIMのみ利用可能です。

 

au系格安SIMにUQ mobileがありますが、公式サイトの記載を見るとau版iPhone6、6Plusでのデータ通信は利用不可となっています。通話とSMSは利用出来るようですが、格安SIMのメリットが活かせません。Wi-Fi運用なんて不便ですよね。

 

 

jpg-1 APPLEからiPhone下取りキャンペーンのメールが来たらjpg-1 APPLEからiPhone下取りキャンペーンのメールが来たら

 

 

Softbank iPhoneユーザーは?

 

先日U-NEXTからU-mobile SUPERというYmobileの回線を基としたSoftbank系格安SIMサービスについて発表がありました。

 

どちらかというとSoftbank系の格安SIMに近いものですが、残念ながらSoftbankから出ている端末では使用できない仕様になっているようです。

 

Softbankユーザーはまだ格安SIMは利用できないようですね。b-mobile SIMの提供元の日本通信がSoftbank系格安SIMを作るとかそういった話もありましたが、まだ通信サービスとして形にはなっていません。

 

もしU-mobile SUPER(月額2,980円でサービス開始予定)がSoftbankのiPhoneで利用できたとしても、月額料金的にはdocomo系&au系の格安SIM(972円)と比較しても約3倍高いですし、2年縛りも残るようなので、格安SIMというより準キャリアといった方が良いでしょう。

 

今回は少し短めですが、同じようにiPhoneの下取り買い買い換えメールが届いた方は、自分が正規保証サービスに加入しているか確認した上で、iPhoneの買い換えを検討された方が良いかもしれません。

 

それでは!

 

セキタン

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です