日本より台湾の通信環境は速い&繋がる!そして安い!

スポンサーリンク

 

こんにちは、セキタンです。

今年の3月に旅した台湾のスマホ事情を見てきました。

 

まず、台湾に到着して桃園国際空港ですぐ購入できるプリペイドSIM(3日間用)は300台湾ドルなので、約1,000円(2016年6月9日現在)で4Gが使い放題です。

 

「3日間で1,000円って高くない?1日あたり300円するってことでしょ?」

 

日本キャリアの国際ローミングサービスを見てみると、決して高くはありません。

 

2016-06-09-10.13.38-1 日本より台湾の通信環境は速い&繋がる!そして安い!

 

ドコモの国際ローミングだと1日あたり980円します。しかも、通信容量はたったの30MBです。YouTubeで一曲動画再生してるともう通信制限を超えてたりします。

 

で、また追加の30MBを手に入れるのに、980円掛かります(笑)

 

これっておかしくないですか?お金掛かりすぎでしょう。(笑)

 

空港で買える台湾SIMで運用すると、これが終日300円です。端末に通信容量超過の表示が出たりもしますが、その後も基本的に通信制限は掛かりません。

 

問題はSIMフリーの端末を持っていないと使えないことですね。

オススメはこのSIMフリーポケットWi-Fiです。

 

 

APNが自動設定されているので、台湾SIMを挿入した瞬間に電波を拾います。

 

本当にSIM初心者、海外通信初心者には最適な端末だと思います。

 

知人の台湾人女性達とお茶できる時間があったので、台湾キャリア直契約の通信料金に関しては一般市民に聞くのが一番だと思い、色々聞いてみました。

 

今回アンケートに協力してくれたのは、共に22歳のTさん(右)とWさん(左)の2人です。

 

2016-06-09-10.13.38-1 日本より台湾の通信環境は速い&繋がる!そして安い!

 

TさんがiPhone6s Plusの持ち主です。

 

今回初めて会ったのですが、身長が172センチ程で雰囲気的に韓国の音楽グループの少女時代にいそうなのでずっと韓国人だと思い込んでました。しかし歴とした台湾人だそうです。

 

モデルさんをやっているらしく、笑顔とか確かにモデルっぽいな!と感じるところがありました。

 

左のWさんはTさんの幼馴染みで、机の上に置いてあるiPhone4sを使っています。

 

特にスマホの古い新しいにこだわりはないようで、まだiPhone4sを愛用しているとのこと。もちろんSIMフリーのiPhoneです。この端末は貰い物だそうですが、SIMに縛られず使えるモバイル端末を持っているのは良いことです。

 

日本でソフトバンク版のiPhoneをただでもらっても、ソフトバンクで契約しているiPhone用のSIMが無ければ、Wi-Fi以外で使えないなぁってなりますもんね…。

 

台湾人は皆、Zenfoneばかり使っているようなイメージでしたが、彼女らはiPhoneを使ってますし、光華商場近くの中古モバイルショップでも日本のXperia機(日本未発売、SIMフリー版)を購入していく台湾人を見かけました。日本と同じく海外製の端末も人気のようですね。

 

iPhone6s Plusの月額料金が月々1,350台湾ドルぐらいだそうで、日本円でいうと月額4,500円ぐらいになります。(2016年6月9日現在)

 

高速通信容量は6GB、この料金にしては十分過ぎますね。

 

日本国内のソフトバンクモバイルで確認してみましょう。

 

iPhone6s Plusの16GBで一番プランも最安のものにしてみます。

 

結果、乗り換え(MNP)でも8,000円を軽く超えます。

 

これが最近総務省からキャリアへ、通信料金値下げが叫ばれる理由なのでしょうか。

 

確かに台湾と比べてみると明らか高いです。

 

ソフトバンク iPhone6s Plus月額通信料金

 

 

2016-06-09-10.13.38-1 日本より台湾の通信環境は速い&繋がる!そして安い!

 

 

日本の通信料金はなんでこんなに高いのか?

 

キャリアの感覚ってすごいですね。

 

以前もお話ししましたが海外でのローミングに関しても、ごく少量のデータ通信制限付きで一日980円、超過するともう980円掛かるプランです。

 

台湾キャリアだと1,000円程度で3日間データ通信容量制限無しのプリペイドSIMがあります。

 

プリペイドじゃなくても、月額でみて4,000〜5,000円程の価格差がありますが、大丈夫でしょうか??

 

これらは本当にキャリアショップの運営費用などに使われているのでしょうか?

 

謎な点がありますね。

 

台湾ではMVNOに値する会社がキャリア(台湾大哥大、中華電信、遠傳電信、台湾之星)な気がします。

 

つまり、台湾にはMVNOも格安SIMも要らないのです。元々格安なのですから。

 

そう考えれば、日本でキャリアと対峙しているMVNOが提供するSIMが”格安格安”言われるのも分かる気がします。

 

事実、日本国のキャリアの通信料金は割高なのです。(世界的に見れば確かにもっとキャリアの通信料金が高い国もあります)

 

日本のMVNOの急速な発展を期待したいですね!

 

それでは!

 

セキタン

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です