iPhoneを買い換えるなら、Apple Store?それともキャリアショップ?

スポンサーリンク

 

こんにちは、セキタンです!

皆さん、快適なiPhoneライフをお過ごしでしょうか?

 

以前、iPhoneが壊れた時はApple Storeで上手くサポートを受ける話をしました。

 

では、使っているiPhoneを水没させたり、車に轢かれて完全に使えない状態になってしまったら、どうしますか?

Appleの保証に入っている方なら何らかの救済処置は受けられるでしょう。

しかしそうでなければ、「新しい端末を買うしか無いよな〜」そうお考えかもしれません。

 

そのままキャリアショップへ直行?

 

キャリアショップへ買い換え(機種変更)に行くも良しですが、その前に一度街中のiPhone修理屋に行くも良し、ただしそれぞれの注意点があります!

 

キャリアショップで機種変更を検討している方は、Apple Storeで一度相談してみて使えなくなったiPhoneを本体交換してもらった方が安いケースもあります

 

これは、なぜなのでしょう?

 

Appleとしては、普段自社のサービス(iPhone)を使ってくれているユーザーが困っているわけですから、キャリアショップで新品を購入するよりかは少しお手頃な価格で本体交換してあげたいという気持ちがあるのかもしれません。

 

もう一つの要因は、本体交換してくれるiPhoneは本当に新品なのかというところです。

Appleの公式サイト上に、MacbookをはじめiOS製品の「整備済製品」というものがあります。

 

Apple整備済製品

 

これらは一度何か問題があった端末でAppleが回収、再度修理して販売している製品のようです。

 

iPhoneの整備品の販売は上記サイト上で行っていません。

 

その代わりにApple Storeで本体交換してくれる新しいiPhoneにこれら整備品が使われている可能性が高いです。見た目は本当に新品同様と言っても過言ではありません。しかし、それらはこの整備品と同等のものだと考えられます

 

非正規で修理するとAppleの保証、サポートが効かない?

 

 

街中のiPhone修理屋さんで一度修理をしてしまうと、Appleのサポートが受けられなくなる可能性があります

 

Apple storeで働くスタッフは、iPhoneを解体する技術を持っています。

 

今まで非正規の店で修理をしていないかどうか怪しい場合は、実際にiPhoneの中身を開けてみて目視確認を取る場合もあるようです。

 

今まで非正規で修理をしたことがあっても、元の状態(Apple純正のパーツが付いている事)に近ければ、問題無く保証やサポートが効く場合もあるようですが、その場合であっても非正規で修理した経験があるということはもちろん伏せておいた方が良いですね。。

 

iPhoneの中身を開ければ一目瞭然、開けられない場合であっても非正規修理歴を正直に伝えてしまうとサポートが受けられなくなるかもしれないからです。

 

Apple Storeのスタッフ達はiPhone以外は解体できない、直せない

 

一方、iPodやiPadを解体する技術はお持ちでないようで、基本的には本体交換修理に話を持っていけるでしょう。

 

これらは非正規での修理を受けた後だとしても、端末の外装にこじ開けた跡などが付いていない限り、スムーズにサポートを受けられる可能性が高いです。

 

もちろん保証期間内、保証期間外、または症状(ユーザーの過失か端末の初期不良なのか)によっても修理料金は変わってくるでしょう。

 

iOS端末の種類によっては、GENIUS BARに向かう心構えも変えた方が良いかもしれませんね!

 

セキタン

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です