日本にデュアルアクティブスマホが登場したら

スポンサーリンク

 

おはようございます、セキタンです!

前回はスマホの中に入っているSIMカードについてお話ししました。

 

音声通話機能が付いているSIMカードが無いと音声通話ができませんし、電話が掛かってくることもないということをお分かりいただけたと思います。

 

同じくデータ通信も行えないので、SIMカードがないとスマートフォンとしての機能に支障が出るわけです。

 

格安スマホの中には、SIMカードを入れるSIMスロットが2つ付いているものがあります。

 

しかしながら、SIMスロットが2つ有っても、異なる2枚のSIMを同時通信できるスマホはまだ今の日本には存在しません。これをデュアルアクティブスマホ(DSDA)といいます。

 

発売されている2SIM対応スマホに搭載されているSIMスロットの片方のほとんどが2G方式(日本では既に廃止)なので、日本では使えないのです。これをシングルスタンバイ(DSSS)といいます。

 

海外利用なら、なんとか使えますがデータ通信速度もかなり物足りない感じでした。

 

2SIMスロットが3G方式+3G方式で同時待ち受けできるスマホは日本製ではありませんが、海外製で私が知る中では1台だけあります。しかし残念ながら、4Gは非対応なので拾えません。

 

速度が遅いだけかと思いきや、そのスマホはデュアルアクティブではなくデュアルスタンバイ(DSDS)なので、同時待ち受けはできますが、2枚のSIMの同時通信はできませんので、データ通信SIMの使用中に電話が掛かってきても、着信できないのです。

 

日本のスマホでデュアルアクティブスマホが発売されれば、キャリアの音声通話SIMとデータ通信専用の格安SIMを入れて、電話をする時はキャリアSIMの話し放題を、またデータ通信を使う時は格安SIMを、といった使い分けがリアルタイムでできるはずです。

 

つまりデュアルアクティブスマホが実現すれば、SIMが2枚入っている以外は従来のキャリアスマホと比べてみても遜色ない使い勝手が実現できそうなのです。

 

少し話が広がりますが、こうなるとキャリア(docomo、au、Softbank)はあくまで通信回線のみを提供する存在になり、消費者もまた”通信回線”と”通信端末”を切り離して考えるようになってくるかもしれません。

 

消費者にとってキャリアでスマホを購入する大きなメリットが存在するのであれば、日本では今まで通りの携帯通信業界が続くと思います。

 

しかし現在のように格安SIM&格安スマホが台頭してきた以上、キャリアでスマホを購入することが家計の大きな負担になり、今年2月までのMNP(キャリア乗り換え)時のキャッシュバック施策を見てみても、ユーザーにとって1つのキャリアで長期利用するメリットが全くと言って良い程ありません。

 

つまり、これからはMVNOを始めとして、キャリアと移動体通信業界は大きく変わる可能性を秘めているのではないでしょうか。

 

スマホを利用する1ユーザーとしても、今後の動向にワクワクしますね!

 

それでは!

 

セキタン

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です